※アトピー性の喘息とアスピリン喘息の共通点とは?

喘息という病気は今やほとんどの方がご存知の病気かと思います。現在も、小さい方からご高齢の方まで幅広い年代の方がこの病気に苦しんでいるのが現状です。

このように有名な病気ともいえる喘息ですが、現在でも、年間約2000人もの方がこの病気が原因で命を落としているといわれています。この病気は、ひどくない場合であればであれば、軽い息苦しさを感じたり、咳が出たりする程度ですが、重症化しますと、呼吸困難、意識障害などを招き、最悪命を落としてしまう可能性もあるというとても怖い病気なんです。

一般に喘息はハウスダストやダニなどのアレルゲン物質がによって引き起こされるアレルギー反応が原因となる、つまりアトピー性であることが多いのですが、実はアトピー性によるものだけではなく、普段多くの方が利用しているような、バファリンやロキソニン等の解熱鎮痛剤が症状悪化の原因になることもあり、この症状は、現在アスピリン喘息と呼ばれています。

スポンサードリンク



この症状は後天的な症状であるといわれており、小児の患者でこの症状を患っている方はまれであるといわれています。また、大人の喘息患者でも、そのうち約10%ほどしか症状を患っている方がいないといわれており、この症状はまだ一般的であるとは言えません。

ただ、後天的な疾患であるがゆえに、ある日までは薬の服用が問題なくても、突然症状が出てしまうという可能性もあります。また、この症状は非常に重症化しやすいとも言われており、そうなってしまったときが非常に危険なので、もし喘息の症状をお持ちの方は、解熱鎮痛剤によって引き起こされるこのアスピリン喘息の症状についても知っておくことが大切です。

このアスピリン喘息というのは、解熱鎮痛剤の服用によって喘息症状が悪化してしまうというものなので、その症状だけをみるとアトピー性であるような感じがしますが、そのメカニズムはアレルギー反応とは異なります。しかし、実はそのメカニズムの中にはある共通点もあるんです。

そこで今回の記事では、アトピー性の喘息とアスピリン喘息の詳細や、そのアスピリン喘息とアトピー性喘息の共通点について書いていきたいと思います。

アトピー性喘息とは?

450584

アトピー性喘息とは、ダニ、花粉、ペットの毛、タバコの煙、カビなどのアレルゲン物質が原因となって喘息症状が悪化してしまうもののことを言います。同じくアトピー性の症状としては、アトピー性皮膚炎が有名ですね。また、小児の場合は、喘息の原因はアトピー性である場合がほとんどであるといわれています。

アトピー性の場合、上記の様なものを取り込んでしまうと、体がそれを異物と判断してしまい、免疫の過剰反応が起こることによって、鼻炎や発作などの様々な症状がでてしまうのです。では、その反応は具体的にどのようなメカニズムで引き起こされてしまうのか説明したいと思います。

まず、アトピー性の症状におけるアレルギー反応においては、ige抗体と呼ばれる免疫グロブリンと呼ばれるものの一種が非常に重要な働きをしています。

これは、抗原が初めて入ってきた際、体がそれを異物と認識すると体内で作られ、肥満細胞の表面に付着して、次にまた抗原が来るのを待ちます。

その後、再び抗原が体に入り、その抗原に対してできた特異的なige抗体と結合すると、その信号が肥満細胞へと伝わり、その肥満細胞から、ヒスタミンやロイコトリエンといった化学物質が体内に放出されます。

すると、こういった化学物質の作用によって、気管支平滑筋の収縮や炎症の悪化起こり、咳、息苦しさなどの症状が引き起こされてしまうのです。以上がアトピー性喘息の大まかなメカニズムになります。

ちなみに、この一連の流れを図で表すと以下のようになります。

アスピリン喘息とは?

それでは次に、アスピリン喘息のメカニズムについて説明したいと思います。

アスピリン喘息とは、解熱鎮痛剤の成分を摂取することによって、鼻水、鼻づまりの症状や、気管支平滑筋の収縮が誘発され、発作などがおきてしまう疾患です。

現在、大人の喘息患者の約10%ほどがこの症状を患っているといわれているのですが、逆に言えば、この症状は子供の患者にみられることは非常に珍しいため、後天的に発症する疾患であるといわれています。

ちなみに、アスピリンとは解熱鎮痛剤の成分の1つなのですが、実際にはアスピリン喘息の症状自体は、アスピリン以外のロキソプロフェンやイブプロフェンなどほとんどの解熱鎮痛剤の成分によって引き起こされてしまうため、この疾患を患う患者はほとんどの解熱鎮痛剤の服用が禁忌であるといわれています。

また、この症状は、服用以外にも、湿布薬、座薬、点眼薬などによっても誘発されてしまう恐れがあるため、解熱鎮痛剤によって症状が引き起こされてしまう患者は、そういったお薬の使用まで気をつけなければなりません。

一般的には、こうした解熱鎮痛剤は頭痛や生理痛などにきくお薬として広く用いられているわけですが、では、どうして喘息患者の中には、そういった薬によって発作等の症状が誘発されてしまう方がいるのでしょうか。以下でこの疾患のメカニズムについて説明したいと思います。

そもそも、人が解熱鎮痛剤を使いたいとき、つまり痛みを感じているときというのは、その周辺で痛みの原因となる炎症が発生しています。

これは、プロスタグランジンと呼ばれる成分が血管の拡張を促し、その周辺が圧迫されてしまうためです。そのため、このプロスタグランジンの産生を防ぐことが出来れば、血管をもとの状態に戻し、炎症を鎮め、痛みも鎮めることが出来ると考えられます。そこで、このプロスタグランジンの産生を防ぐことが出来るのが、アスピリンに代表される解熱鎮痛剤の成分なのです。

そして、私たちの体内では、このプロスタグランジンと呼ばれる成分は、アラキドン酸と呼ばれる成分から産生されるのですが、この合成はシクロオキシゲナーゼと呼ばれる酵素の力を借りることによって進むことが分かっています。

そのため、解熱鎮痛剤の成分は、この酵素シクロオキシゲナーゼの働きを阻害することによって、結果的にアラキドン酸からプロスタグランジンへの生成を抑え、炎症、痛みを鎮めることが出来るのです。

しかし、この疾患の患者は、このシクロオキシゲナーゼの働きを阻害し、アラキドン酸からプロスタグランジンの合成を止めてしまうと、新たにアラキドンさんからロイコトリエンの合成が進んでしまうことが分かってきました。

ロイコトリエンは気管支平滑筋や鼻炎症状を引き起こす原因物質であることが知られているため、この疾患の患者は、薬の服用から、早くて30分から1時間ほどで、急激に産生されたロイコトリエンによって発作等の症状が誘発されてしまうと考えられています。

スポンサードリンク



アトピー性の喘息とアスピリン喘息の共通点とは?

ここまで読んでくださった方は、アトピー性のものとアスピリン喘息の症状の共通点について気付かれた方もいると思います。それは、どちらもロイコトリエンがその症状の誘発に関係しているということです。

ただ、共通点もありますが、この2つの疾患は、その発症メカニズムは全く異なります。アトピー性喘息は抗体反応によって起こされるものですが、アスピリン喘息は解熱鎮痛剤の作用メカニズムが関係して引き起こされるものであるからです。

そのため、アトピー性の場合は体内のige抗体の検査をすることによってその原因を突き止めることが出来ますが、解熱鎮痛剤の成分による場合は、こういったアトピー性の判別テストでは分からないため、ある日突然薬の服用によってようやくわかるという場合もあります。

アトピー性のものに比べ、解熱鎮痛剤によって引き起こされた症状は重症化しやすいといわれているので、早急な処置が必要となるのですが、その潜在的な患者は、まさか薬局で簡単に手に入るような薬が喘息悪化の原因になるとは思いもしないと思います。また、もしこの疾患について知らなければ、なんだか少し苦しいな、と思うくらいで、重症化するまで病院に行かない方もいるのではないかと思います。そのため、現在喘息の症状があるという方は、是非この疾患についてよく覚えておいてください。

また、実はこのアスピリン喘息の症状というのは、解熱鎮痛剤以外のものによっても誘発される可能性があるということが分かってきています。これについては以下の記事で詳しくまとめていますので、是非一度目通してみてください。

解熱鎮痛剤以外でアスピリン喘息の症状を誘発する可能性があるものとは…

まとめ

今回の記事では、アトピー性の喘息とアスピリン喘息のメカニズムや、その共通点などについて詳しくまとめました。

アトピー性の症状は一般的なものなので、喘息はアレルゲン物質によって引き起こされるという認識を持っている方は多いかもしれませんが、是非、今回の記事をきっかけにして、解熱鎮痛剤によっても症状の悪化が引き起こされる可能性があるということを覚えてもらえたらと思います。

また、アトピー性の方は、なるべくアレルゲン物質を吸い込まないように、身の回りのケアをしっかりするようにしましょう。特に、ダニなどは一年中部屋の中で生活しており、死骸を吸い込んでも症状が出てしまうといわれているので、こまめに掃除する様にして、なるべくダニが繁殖しないような環境を作れるようにしましょう。

そのダニがアレルギーの原因になってしまう理由や、ダニの対策に関する情報は以下の記事でまとめています。

喘息の原因になるダニの対策方法とは…

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です