アスピリン喘息の治療のガイドラインとは?

皆さんはアスピリン喘息と呼ばれる症状をご存知でしょうか?アスピリン喘息とは、大人の喘息患者の約10%ほどに見られる疾患であり、この疾患の患者は、頭痛薬としても広く用いられるロキソニンやバファリンなどの解熱鎮痛剤を服用すると重度の発作が誘発されてしまうといわれています。また、これらの解熱鎮痛剤の成分は、市販の風邪薬にも含まれている場合があります。

そして、このアスピリン喘息は先天的な疾患ではなく、主に大人になってから喘息を発症してしまった場合に何らかの原因によって発症する後天的な疾患であると考えられています。そのため、大人になってから喘息を発症してしまった方は、いきなりこのように解熱鎮痛剤に過敏な体質になってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

スポンサードリンク



通常の喘息の治療のガイドラインでは、まず、吸入ステロイドによる長期の治療を行うことが基本となっています。また、もし発作が起きてしまったときには、経口ステロイド(内服薬)や静脈注射用のステロイド薬を投与することによってその症状を抑えるのですが、アスピリン喘息の治療のガイドラインでは、大まかな治療のガイドラインは通常の喘息と同じですが、中には通常の喘息の治療のガイドラインに沿って投与されてしまうとさらに症状を悪化させてしまうようなものもあるので、注意が必要です。

このアスピリン喘息は、呼吸器疾患を専門としている医師ならばもちろん知っているものと思われますが、もしかしたら医師がその治療のガイドラインについて注意点を見逃している可能性もあり得ないわけではありません。また、このアスピリン喘息は急に発症してしまう場合が多いため、患者自身が風邪薬や頭痛薬が原因となっているということを気付いていない場合も多いといわれています。もし解熱鎮痛剤を飲んだ後にそういった症状が表れたということがしっかりと伝わらないと、通常の喘息の治療のガイドラインに沿って発作の治療が行われてしまうので、さらに重症化が引き起こされてしまう可能性もあります。

そのため、特に大人になってから喘息を発症してしまった方は、このアスピリン喘息や、その治療のガイドラインについてある程度の知識を身に着けておくことが大切です。

今回の記事では。アスピリン喘息の治療におけるガイドラインに関する情報などについてまとめていきたいと思います。

アスピリン喘息とは?その特徴やメカニズムについて解説します…

a0001_014075

この疾患の治療のガイドラインの説明の前に、まずアスピリン喘息がどういった疾患なのか、その特長やメカニズムについて説明したいと思います。

このアスピリン喘息とは、一般的にステロイド以外の、非ステロイド抗炎症薬によって、鼻水、鼻づまりの症状や、重篤な発作の症状が誘発されてしまう疾患です。

この非ステロイド抗炎症薬とは、アスピリンやロキソニン、バファリンなどの解熱鎮痛剤のことを指します。これの代表的なアスピリンの名前を使って、一般にアスピリン喘息と呼ばれているのですが、この症状はアスピリン以外のほとんどの解熱鎮痛剤によって症状が誘発されてしまうので、アスピリンだけを避けていればよいというわけではありません。

では、この疾患の患者はどんな鎮痛剤も使えないのかというと、中にはこの疾患の患者でも比較的安全に使える鎮痛剤があるといわれています。この疾患の患者でも使える鎮痛剤に関する情報はこちらの記事でまとめていますので、気になる方はご覧になってみてください。

また、ではどうしてこの疾患の患者は、解熱鎮痛剤の成分を摂取すると発作などの症状が表れてしまうのかというと、一見するとこれはアレルギー反応のようですが、実はアレルギーではなく解熱鎮痛剤が痛みを抑える際のメカニズムが関係しています。

普段から頭痛薬を持ち歩いているという方も多いのではないかとおもいますが、これがどのようにして痛みを抑えているか考えたことはあるでしょうか?アスピリン喘息のメカニズムについて説明するために、まずは解熱鎮痛剤が正しく作用する際のメカニズムについてわかりやすく説明します。

まず、私たちが痛みを感じている時、その痛みが生じている部分ではプロスタグランジンと呼ばれる成分が多数存在しています。このプロスタグランジンには、体温調節枢に作用して体温をあげたり、痛みを生じさせる原因になる炎症を生じさせたりする働きがあります。そのため、風邪をひいて熱が出ている時も、このプロスタグランジンが作用していると考えられています。

そして、熱を下げる働きのある風邪薬や、痛みを抑える頭痛薬などの解熱鎮痛剤は、主にこのプロスタグランジンの生成を抑えることによってその効果を発揮します。

では、どのようにして、これらの薬はこのプロスタグランジンの生成を抑えるのかと言いますと、プロスタグランジンがアラキドン酸と呼ばれる成分から生成される際、この生成を助けるシクロオキシゲナーゼと呼ばれる酵素の働きを阻害するのです。

つまり、痛みや熱の原因となるプロスタグランジンはアラキドン酸から合成されるのですが、この合成には酵素シクロオキシゲナーゼの助けが不可欠なので、このシクロオキシゲナーゼの働きを抑えることによって、アラキドン酸からプロスタグランジンへの流れを抑制しているのです。これが、風邪薬や頭痛薬がその効果を発揮するメカニズムになります。

では、なぜアスピリン喘息の患者は解熱鎮痛剤を服用すると、発作などの症状が誘発されてしまうのかといいますと、実はこの疾患の患者は、解熱鎮痛剤を使用し、酵素シクロオキシゲナーゼの働きを阻害して、アラキドン酸からプロスタグランジンへの生成が抑制されてしまうと、何らかの原因によって、アラキドン酸からロイコトリエンと呼ばれる成分を大量に生成してしまうと考えられています。

このロイコトリエンとは、アレルギー反応が起きた際に体内に放出される成分であり、アレルギー症状でみられる鼻水や鼻づまりなどの症状の原因となる成分です。また、このロイコトリエンには気管支を収縮させる作用があるため、結果発作などの症状を誘発する原因となります。

つまり、このアスピリン喘息とは、アレルギー反応ではないが、結果的に急激にアレルギーのような症状を引き起こしてしまう疾患なのです。これが、この疾患のメカニズムになります。

スポンサードリンク



アスピリン喘息の治療のガイドラインとは?

それでは、この疾患の概要を説明したところで、治療のガイドラインについて説明したいと思います。

まず、この疾患の治療のガイドラインは、ほとんどは普通の喘息の治療におけるガイドラインと同じです。基本的には、吸入ステロイドを用いた長期の治療を行い、徐々に気管支の炎症を抑えていくことが基本となります。

ここで、まず通常の喘息とはどのようなものなのかということがよく分かっていない方のために説明しますと、喘息とは、何らかの原因によって気管支に慢性的に炎症が生じてしまう疾患のことを言います。この炎症によって、喘息患者の気管支はむくんでしまい、息苦しさを感じるほか、この気管支は非常に敏感な状態となっているため、何らかの原因によって気管支に刺激が与えられてしまうと、急激に収縮して発作が起きてしまうのです。

この炎症は放っておけば治るものではなく、しっかりと治療を行わないと、逆に気管支はどんどん治療が難しい状態へと悪化していきます。これはどういうことかというと、この炎症を起こした気管支は、治療をせずにそのままにしておくと炎症と修復を繰り返すリモデリングと呼ばれる現象を引き起こし、さらに気管支の壁が厚くなることによって症状が悪化してしまうそうです。

特に発作が起きてしまうとリモデリングによって治療が困難になっていくそうなので、喘息は発作が起きないようにその原因を排除することと、症状が安定するまで治療を継続することが大切です。

喘息の発作を引き起こす原因や、発作が表れた際の対処法に関する情報は以下の記事でまとめていますので、よろしかったらご覧になってみてください。

喘息を悪化させる原因に関する情報を知りたい方はこちらの記事をご覧ください…

喘息の発作が出てしまったときの対処法に関する情報が気になる方はこちらの記事をご覧ください…

アスピリン喘息も、注意すべきことは基本的に通常の喘息と同じです。

しかし、通常の喘息の治療のガイドラインに沿って治療が行われてしまうと、さらに重症化を引き起こしてしまうものもあります。それは、発作の症状が表れた際に用いられることのある、静脈注射用のステロイドです。

最初の方で少し説明しましたが、喘息は発作が起こると、病院で静脈注射用のステロイドを打たれることがあります。これは、吸入ステロイドよりも高い抗炎症作用があり、全身に作用させるため高い効果が期待されるお薬です。

しかし、この薬は、アスピリン喘息の患者に投与されると、さらに重症化が引き起こされてしまうことがあります。これはそのステロイド薬の構造の一部に、コハク酸エステル構造と呼ばれる構造が見られる場合に引き起こされます。

このコハク酸エステル構造は静脈注射用のステロイドなどに見られる構造で、より水溶性を高め、使用しやすくするためにこのような構造になっています。しかし、アスピリン喘息の患者は、なぜかこの構造に過敏に反応してしまうことがあるため、基本的にアスピリン喘息の患者への投与は禁忌となっています。

そのため、アスピリン喘息の治療のガイドラインでは、症状が重篤な場合は酸素投与が行われ、エピネフリンの筋肉内注射や皮下注射が行われる場合があります。エピネフリンとはアドレナリンのことで、気管支の筋肉を弛緩させることによって、症状の改善に有効であるといわれています。

しかし、もしこのような治療を施しても症状の改善が見られない場合は救命救急施設へ搬送され、治療を受ける必要があるそうです。

解熱鎮痛剤による症状は、重篤な患者では24時間以上症状が続く場合もありますが、基本的にはその原因である医薬品が体内から失われると症状は改善されます。

もし、解熱鎮痛剤の使用の後に発作が起こってしまった際は、必ず医師にそのことを告げるようにしましょう。

解熱鎮痛剤だけではない…?この疾患の患者が気を付けるべきものとは?

実はこの疾患の患者は、解熱鎮痛剤や、先ほど説明したコハク酸エステル以外にも、摂取すると症状が誘発されてしまうものがあるといわれています。

また、この疾患の患者は、喘息に加えて、好酸球性の副鼻腔炎と呼ばれる症状も患っている場合が多いといわれています。これは鼻水や鼻づまりなどの鼻炎のような症状が引き起こされてしまうのがその特徴です。もし大人になってから喘息を発症した方で、鼻づまりの症状がある場合は要注意です。

これらに関する詳細はこちらの記事でまとめていますので、よろしかったらご覧になってみてください。

まとめ

今回の記事では、アスピリン喘息の治療におけるガイドラインに関する情報や、この疾患の概要に関する情報についてまとめました。

この疾患の治療のガイドラインは、基本的な治療においては通常の喘息のガイドラインと違いはないのですが、特に発作が起きてしまった際の対処法においては違いがあるようなので、気を付けてください。

アスピリン喘息に関する情報は別の記事でも色々とまとめていますので、よろしかったらそちらもご参考にしてみてください。

今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です