※アデノイド顔貌の手術は保険がきくの?その費用は?

アデノイド顔貌とは、別名ロングフェース症候群ともよばれているもので、横から見た時に、口もとがでっぱっていたり、まるで下の顎が無いかのように見える独特な顔つきのことを言います。これがどんなものかというのは、以下の図を参考にしてください。

人の顔つきがどのようにして決まるのかというのは、もちろん遺伝的な要素が大きく関係していることは確かですが、実は生まれてから骨格が定着するまでの日々の習慣も非常に重要であるということが分かってきており、今回お話するアデノイド顔貌という顔つきは、特に慢性的な口呼吸が原因で引き起こされるものであるということが指摘されています。

この口呼吸という症状は、アデノイド顔貌の形成以外にも非常に多くの問題を引き起こす原因になるということが近年段々と分かってきているのですが、この口呼吸がアデノイド顔貌の原因になってしまうのは、口呼吸をしている方にみられる「ポカン口」の症状が段々と下あごの後退を招き、そのままそれが定着してしまうためであると考えられています。

スポンサードリンク



また、実はいつも口をポカンとあけているとそれは出っ歯を引き起こす原因にもなってしまうため、結果それが上あごの突出や下あごの後退を特徴とするアデノイド顔貌を引き起こす原因となってしまうと考えられています。

このアデノイド顔貌という症状は骨格の問題であるため、その原因は口呼吸とは言いましたが、大人になってから口呼吸をやめたからと言って、その顔つきが治るというわけではないということも言われています。歯の矯正治療を行うことによって症状がある程度改善されることもあるそうですが、これをきちんと治したいのであれば、外科的手術を視野に入れた治療をしなければなりません。

現在、その症状の程度に差はあれど、アデノイド顔貌の症状に悩んでいるという方は比較的多くいらっしゃると思うのですが、実際その手術をしたいと考えた際に、保険が適用されるのか、費用はどれくらいかかるのかということが気になるという方もまた多いのではないかと思います。

そこで今回の記事では、このアデノイド顔貌がどのようにして形成されてしまうのか詳しくまとめますとともに、手術をするにあたって保険は適用されるのか、費用はどのくらいかかるのかということについて調べた結果を詳しくまとめていきたいと思います。

アデノイド顔貌と呼ばれているのはどうして?その詳細はこちら…

アデノイド顔貌とは何とも特徴のある変わった呼び方ですが、なぜ顎の無いような顔つきがアデノイド顔貌と呼ばれているのか、知らない方もいるかもしれませんので、まずはその名前の由来から説明したいと思います。

まず、このアデノイド顔貌という名前に含まれている「アデノイド」とは鼻の奥にある免疫組織のことであり、この組織は体の外部から侵入してくる細菌やウイルスなどの情報を記録して、それに対する抗体などを産生する役割などを担っています。このアデノイドは別名咽頭扁桃(いんとうへんとう)とも呼ばれていて、扁桃腺という呼び名で広く知られている喉にある口蓋扁桃(こうがいへんとう)もこれと同じような役割を担っています。

そのアデノイドの位置は、以下の図を参考にしてください。

このアデノイドという組織はうまれてから数年は段々と大きくなっていき、およそ5歳くらいで最大の大きさに達して、その後は段々と小さくなっていくということが分かっています。この時にはすでにこの組織は本来の役割をほとんど終えており、特にあってもなくても問題はないそうです。

ただ、このアデノイドがあるが故に問題が起きてしまうということもあり、先ほどアデノイドは段々大きくなると言いましたが、中にはそのアデノイドが肥大しすぎて、それが慢性的な鼻づまりを引き起こす原因になってしまうことがあるのです。アデノイドの位置を見ていただければ、確かにそれが鼻づまりの原因になってしまうということはよくわかりますよね。

そして、その結果アデノイド肥大が起きてしまう方は口呼吸をするようになってしまうため、これが段々と下あごの後退を引き起こす原因になってしまうと考えられているのです。つまり、アデノイド肥大によって口呼吸が身に付き、その結果下あごの後退や上あごの突出を特徴とする顔つきに成長してしまうというのが、この顔つきがアデノイド顔貌と呼ばれている理由になります。

しかし、実際このアデノイド顔貌という顔つき自体は、その根本的な原因は口呼吸にあるため、アデノイド肥大だけがその原因になるというわけではありません。

例えば慢性鼻炎の症状による影響から口呼吸が身についてしまった場合でもこのアデノイド顔貌になってしまう可能性がありますし、顎の筋力が鍛えられていないことによって口呼吸になってしまっている場合でも、それもまたアデノイド顔貌の形成を引き起こす原因になってしまうのです。

スポンサードリンク



アデノイド顔貌の手術は保険がきくの?その費用は?

普通、美容目的の手術の場合はこれに保険が適用されることはないため、費用は自費となり、非常に高額な費用になってしまいます。また、一般的には歯の矯正治療も保険の対象には含まれてません。

しかし、今回お話しているアデノイド顔貌の治療では、その一部においては保険が適用される可能性があります。

実はこのアデノイド顔貌と呼ばれる症状は「顎変形症」という症状における骨格性上顎前突症(下顎後退症)と診断される可能性があり、その場合は治療に健康保険が適用されるため、費用を抑えることができるのです。実際には、上顎骨と下顎骨のズレが大きく、一般的な矯正治療だけではこれを治すことができないと判断された場合に、この顎変形症と診断されます。

この顎変形症は先天異常以外の問題の中では唯一矯正治療にも保険がきく症例であり、先ほども言いましたが、実際にはその治療を行うために外科的治療、つまり手術が必要であると判断された場合にはこれを保険診療として行うことができるそうです。そして、これを保険が適用されるものとして治療するためには、自立支援医療(更生・育成医療)機関、または顎口腔機能診療施設に指定されている医療機関での診療がその条件になります。

もし実際に手術が必要であると判断された場合でも、その流れとしてはいきなり手術をするのではなく、まずは上顎と下顎の幅をなるべく合わせるための矯正治療を行うそうです。これを術前矯正といいます。

そしてその後手術によって顎の骨を前にだした後、綺麗なかみ合わせへと調整するために再び矯正治療を行います。これを術後調整と言いますが、全体的な治療をまとめますと、術前矯正→手術→術後矯正という流れになり、これが終わった後は、保定装置というものを付けて咬合が戻らないようにします。

ここまで読んでいただくと何となくわかると思うのですが、アデノイド顔貌の治療には長い期間がかかります。治療自体はだいたい3年くらいがその目安です。また、そのうえで保定期間は約2年かかります。

とは言え、普通の矯正治療も2年近くはかかりますので、それを考えるとそんなに長すぎるというわけではないようですね。ただ、手術で顎の骨を動かすため、術後はしばらくは普通の食事はとれないようです。

矯正治療と外科的手術を合わせて行うこの治療法は外科矯正治療と呼ばれているのですが、実際、治療を行うとどのように顔つきが変化するのか、というのは以下の図を参考にしてください。こう見ると、いかにこの治療法が有効なものであるのかというのが良くわかりますね。

では、実際にその費用はどのくらいかかるのか、という話になりますが、その症状によって治療期間やその費用は変わってくるため、完全にこの料金ですというのを知ることは難しいようです。ただ、矯正の費用と手術と入院の費用を含めると、保険が適用される場合だいたい50万円くらいがその目安となるようです。

高いな、と思うかもしれませんが普通に歯の矯正治療を行う場合にはそれだけでそれ以上の費用がかかりますし、実際この外科矯正治療を保険が適用されない機関で受けるとなった場合には、200万円くらいかかる可能性もあるようです。そう考えると、保険が適用されると大分安く済むということが分かりますね。

まとめ

今回の記事ではアデノイド顔貌の原因などについて詳しくまとめますとともに、その手術には保険が適用されるのか、また費用はどれくらいなのかということについて詳しくまとめました。

アデノイド顔貌を、顎変形症として保険適用の範囲で治療するためには、自立支援医療機関(育成医療・更生医療)」あるいは「顎口腔機能診断施設」の指定を受けている医療機関での診断が必要となります。もし自分の症状がこれにあてはまるのではないかと思う方で、その治療を受けたい方は、一度これに指定されている医療機関に相談をするところから始めてみましょう(^^)

また、口呼吸をしてしまう癖がある方は、こちらの記事も合わせて読んでみてください。

→→【※口呼吸を治したい方必見】お勧めの改善グッズはこちら!

今回の記事は以上になります。最期まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です