※アデノイド顔貌は整形で治せるの?…

アデノイド顔貌とは、口もとのでっぱりや下顎の後退を特徴とし、横から見るとまるで下の顎が無いかのように見える独特な顔つきのことを言います。そのアデノイド顔貌がどんなものなのか、というのは以下の図を参考にしてください。

このような人の顔つきというのは、もちろん遺伝的な部分も大きく関わってくることは間違いありませんが、実は生まれてから骨格が定着するまでの日々の習慣というのも非常に大切であるということが分かってきており、今回お話するアデノイド顔貌の症状は、特に慢性的な口呼吸の症状がその形成に大きく関わっているのではないかと現在考えられています。

スポンサードリンク



実際には、その口呼吸に伴う「ポカン口」の症状が、上顎の突出や下顎の後退に大きく関わっているものと考えられており、小さいころから口呼吸が習慣化してしまうことが、アデノイド顔貌の定着につながってしまうものと考えられているのです。

また、その口呼吸自体も、それって本当?と思わず疑いたくなるような様々な問題を引き起こす原因になってしまうということが分かってきていますので、気が付くと口で呼吸をしてしまっていることがあるという方は、是非一度以下の記事をご覧になってみてください。

【※口呼吸を治したい方必見】お勧めの改善グッズはこちら!

さて、今回お話するアデノイド顔貌の症状ですが、今回この記事をご覧になってくださっている方の中には、自分がアデノイド顔貌なのではないかと感じ、それを整形で治したいと考えている方が多いのではないかと思います。

そこで今回の記事では、アデノイド顔貌の詳細についてまとめますとともに、アデノイド顔貌が整形で治るのかどうか、調べました結果を詳しくまとめていきたいと思います。

どうしてアデノイド顔貌っていうの?その理由はこちら…

アデノイド顔貌とは何とも変わった名前ですが、この下顎の後退を特徴とする顔つきがなぜアデノイド顔貌と呼ばれているのか、その理由についてまずは簡単にご説明したいと思います。

まず、このアデノイド顔貌という名前に含まれている「アデノイド」とは鼻の奥にある免疫組織のことであり、この組織は体の外部から侵入してくる細菌やウイルスなどの情報を記録して、それに対する抗体などを産生する役割などを担っています。このアデノイドは別名咽頭扁桃(いんとうへんとう)とも呼ばれていて、扁桃腺という呼び名で広く知られている喉にある口蓋扁桃(こうがいへんとう)もこれと同じような役割を担っています。

そのアデノイドの位置は、以下の図を参考にしてください。

このアデノイドという組織はうまれてから数年は段々と大きくなっていき、およそ5歳くらいで最大の大きさに達して、その後は段々と小さくなっていくということが分かっています。この時にはすでにこの組織は本来の役割をほとんど終えており、特にあってもなくても問題はないそうです。

ただ、このアデノイドがあるが故に問題が起きてしまうということもあり、先ほどアデノイドは段々大きくなると言いましたが、中にはそのアデノイドが肥大しすぎて、それが慢性的な鼻づまりを引き起こす原因になってしまうことがあるのです。アデノイドの位置を見ていただければ、確かにそれが鼻づまりの原因になってしまうということはよくわかりますよね。

そして、その結果アデノイド肥大が起きてしまう方は口呼吸をするようになってしまうため、これが段々と下あごの後退を引き起こす原因になってしまうと考えられているのです。つまり、アデノイド肥大によって口呼吸が身に付き、その結果下あごの後退や上あごの突出を特徴とする顔つきに成長してしまうというのが、この顔つきがアデノイド顔貌と呼ばれている理由になります。

しかし、実際このアデノイド顔貌という顔つき自体は、その根本的な原因は口呼吸にあるため、アデノイド肥大だけがその原因になるというわけではありません。

例えば慢性鼻炎の症状による影響から口呼吸が身についてしまった場合でもこのアデノイド顔貌になってしまう可能性がありますし、顎の筋力が鍛えられていないことによって口呼吸になってしまっている場合でも、それもまたアデノイド顔貌の形成を引き起こす原因になってしまうのです。

綺麗な横顔ってどんな顔?横顔の美しさを表すeラインとは?

アデノイド顔貌の症状は、パッと見ただけでもそれがあまり綺麗な横顔ではないということが何となくわかりますが、それではいったい綺麗な横顔とはどんな顔なのでしょうか?

実は、この横顔の美しさを表す1つの基準となるのが、eラインと呼ばれているものになります。皆さんはこのeラインについてご存知でしたでしょうか?

eラインとは、鼻の先端と下顎の先端を結んでできた直線のことであり、エステティック(esthetic)の頭文字のeをとって、eラインと呼ばれています。例えば、以下の図で示した直線がそのeラインなのですが、そのeラインの内側に口もとが綺麗におさまっていると、人はその横顔を綺麗だと感じるようです。

最初にアデノイド顔貌がどんなものなのかという画像をのせましたが、そういった顔つきの場合はeラインから口もとが出てしまっているということが分かりますよね。もしアデノイド顔貌の治療を受けたいとなった場合には、是非こういった部分にも注目してみてください。

スポンサードリンク



アデノイド顔貌は整形で治るの?

日本ではまだ美容のための整形というものはそれほど一般的ではないと思いますが、もし整形をすることで悩みが解決されるのであれば、私個人としては全然それはありだと思います。ただ、今回お話するアデノイド顔貌は骨格の問題なので、目の整形などと比較すると、その治療が大変なものになるということは皆さんも何となくわかると思います。

結論から言うと、時間はかかりますが、このアデノイド顔貌の症状は整形をすることによって治すことができます。それと、一般的な美容のための整形というものは保健が適用されることはなく、自費で治療をしなければなりませんが、今回お話しているアデノイド顔貌の症状は、その症状の程度によっては保険適用の対象として整形を受けることができるんです。

実際にはこのアデノイド顔貌の症状がかみ合わせに影響を与えていると判断され、顎変形症という症状に診断されると、その治療には保険が適用されます。また、実際には顎変形症の中の下顎後退症と呼ばれるものがこのアデノイド顔貌の症状にあてはまるものになります。

実際その治療をするとなった場合には、いきなりメスを入れて整形を行うのではなく、まずはなるべく歯のかみ合わせを合わせるための矯正治療を行い、これが約1年から1年半かかります。歯の矯正治療も普通は自費で行わなければならないのですが、顎変形症と診断されている場合には、この矯正治療の費用にも保険が適用されます。

そして、その矯正治療をが終わったのちに、いよいよメスを入れて、後退してしまっている顎を切り取って前に出す整形手術を行います。この治療には言わずもがな入院が必要になり、10日間は安静にしなければなりません。

そして整形が終わった後は、かみ合わせを定着させるために再び矯正を行う必要があり、これが約半年から1年半くらいかかるといわれています。また、その矯正がとれた後も、顎がずれてしまわないように、保定装置と呼ばれるものを約2年つけなければなりません。

まとめますと、治療開始から完全に治療が終わるまで、つまり矯正→整形→矯正→保定期間は、トータルで約4~5年ほどの年月がかかります。一度定着してしまった骨格を変えるというのは、やはり簡単なことでは無いようです。

最初にこういう話を聞いてしまうと、ちょっとやるのを躊躇してしまうという方が大半だと思うのですが、以下の図を見ていただくと、この整形がいかに優れているものであるのかということが分かるのではないかと思います。確かに期間はかかってしまいますが、やってみる価値は十分にあると思います。

ただ、もちろん誰もがこの整形の手術を保険適用のもとで受けられるというわけではありません。実際には、自立支援医療(更生・育成医療)機関、または顎口腔機能診療施設に指定されている病院で、それが顎変形症であると診断されなければ、アデノイド顔貌の症状を保険適用のもとで治療することはできません。その場合は、自費になってしまいます。

ちなみに自費で受けるとなった場合、その費用は目安として大体200万円くらいかかるそうですが、保健が適用されるとこれが数十万円程度で済むそうです。ただ、その症状の違いによってこのあたりの費用は変わってきますので、あくまで目安として考えてください。

自分の症状はどうなのかわからないという方は、上に挙げた施設に指定されている病院の医師に一度相談してみましょう。例えば矯正歯科の一部が上記の施設に指定されていますので、お近くにこういった施設があるかどうか一度お探しになってみてください(^^)

まとめ

今回の記事ではアデノイド顔貌の詳細についてまとめますとともに、その整形の詳細についてもまとめました。

美容整形というと自費で受けなければならないのが一般的ですが、今回お話したアデノイド顔貌の症状は、その症状の程度によっては保険適用のもとでそういった手術を受けることができる可能性があります。

もし、自分がその顎変形症に該当するのではないかと思う方は、一度自立支援医療(更生・育成医療)機関、または顎口腔機能診療施設に指定されている病院で医師に相談をしてみましょう。

今回の記事は以上になります。最期まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です