※アデノイド顔貌の治療ができる病院とは?…

アデノイド顔貌とは、横から見ると口もとが出っ張っており、それに対して下の顎が後退してしまっている影響から、まるで下の顎が無いかのように見える独特な顔つきのことを言います。アデノイド顔貌がどんなものかというのは、以下の図を参考にしてください。

このアデノイド顔貌は、慢性的な口呼吸がその原因であるということが現在指摘されており、口呼吸の方に共通するポカン口の症状が小さいころから身についてしまうと、それが下顎の後退を引き起こしてしまうのではないかと考えられています。また、そのポカン口が結果として上顎の成長を妨げてしまうことが、出っ歯や歯並びの悪化にもつながるということが分かってきているんです。

スポンサードリンク



今回この記事をご覧になってくださっている方の中には、おそらく自分がこのアデノイド顔貌なのではないかと感じ、それを治療するために病院へ行って相談したいと考えていらっしゃる方もいるのではないかと思います。もしこれに該当する方なら、どんな病院へ行けばいいのか、治療費はどのくらいかかるのか、と色々気になりますよね。

そこで今回の記事では、アデノイド顔貌の詳細についてまとめますとともに、この症状を治したい場合はどんな病院に相談をすれば良いのか、また治療費はどのくらいかかるのかといったことについて詳しくまとめていきたいと思います。

アデノイド顔貌とは?その名前の由来はこちら!

アデノイド顔貌とは何とも変わった名前ですが、この下顎の後退を特徴とする顔つきがなぜアデノイド顔貌と呼ばれているのか、その理由についてまずは簡単にご説明したいと思います。

まず、このアデノイド顔貌という名前に含まれている「アデノイド」とは鼻の奥にある免疫組織のことであり、この組織は体の外部から侵入してくる細菌やウイルスなどの情報を記録して、それに対する抗体などを産生する役割などを担っています。このアデノイドは別名咽頭扁桃(いんとうへんとう)とも呼ばれていて、扁桃腺という呼び名で広く知られている喉にある口蓋扁桃(こうがいへんとう)もこれと同じような役割を担っています。

そのアデノイドの位置は、以下の図を参考にしてください。

このアデノイドという組織はうまれてから数年は段々と大きくなっていき、およそ5歳くらいで最大の大きさに達して、その後は段々と小さくなっていくということが分かっています。この時にはすでにこの組織は本来の役割をほとんど終えており、特にあってもなくても問題はないそうです。

ただ、このアデノイドがあるが故に問題が起きてしまうということもあり、先ほどアデノイドは段々大きくなると言いましたが、中にはそのアデノイドが肥大しすぎて、それが慢性的な鼻づまりを引き起こす原因になってしまうことがあるのです。アデノイドの位置を見ていただければ、確かにそれが鼻づまりの原因になってしまうということはよくわかりますよね。

そして、その結果アデノイド肥大が起きてしまう方は口呼吸をするようになってしまうため、これが段々と下あごの後退を引き起こす原因になってしまうと考えられているのです。つまり、アデノイド肥大によって口呼吸が身に付き、その結果下あごの後退や上あごの突出を特徴とする顔つきに成長してしまうというのが、この顔つきがアデノイド顔貌と呼ばれている理由になります。

しかし、実際このアデノイド顔貌という顔つき自体は、その根本的な原因は口呼吸にあるため、アデノイド肥大だけがその原因になるというわけではありません。

例えば慢性鼻炎の症状による影響から口呼吸が身についてしまった場合でもこのアデノイド顔貌になってしまう可能性がありますし、顎の筋力が鍛えられていないことによって口呼吸になってしまっている場合でも、それもまたアデノイド顔貌の形成を引き起こす原因になってしまうのです。

スポンサードリンク



アデノイド顔貌の相談はどこの病院に相談をすれば良いの?

今回お話しているアデノイド顔貌の症状は、その原因が慢性的な口呼吸にあるとは言いましたが、大人になってからだと、その口呼吸をやめたからと言ってアデノイド顔貌の症状も改善されるというわけではありません。

もちろん、口呼吸の症状はそれ自体が現在様々な健康被害を引き起こす問題になるということが分かってきていますので、やめた方が良いことは間違いないのですが、アデノイド顔貌はすでに骨格が定着してしまっている状態なので、これを治すというのは簡単なことではないんです。

実際、これを綺麗に治したいとなった場合には、外科手術をすることも考えて一度病院に相談をする必要があります。歯の矯正治療を行うことによってアデノイド顔貌の症状が多少改善されるケースもあるそうなのですが、下顎の後退が重度のものである場合には、その顎の骨を切り取って前に出す、という手術が必要になる場合もあるんです。

実際、こういった見た目を変える手術を病院でやるとなった場合、美容整形目的の手術だと保険がきかないのが一般的ですが、アデノイド顔貌の場合、その症状の程度によっては保険が適用される場合があります。

実はこのアデノイド顔貌という症状は、医学的に言うと「顎変形症」、特にその中の「下顎後退症」と呼ばれるものに分類される可能性があり、実際にその下顎後退症というふうに診断された場合には、病院で受ける治療の費用に健康保険が適用され、手術の費用も安く済ませることができるんです。アデノイド顔貌の顔つきが、実際にかみ合わせに影響を与えていると判断されるような場合に、この顎変形症と診断される場合があるといいます。

下顎後退症を外科手術も含めて治療するとなった場合、その手順としてはいきなり外科手術をするのではなく、まずは歯の矯正を行ってできるだけかみ合わせを合わせるようにします。そして、その後外科手術によって下顎を前にだし、さらにその後再び矯正治療を行うことによって、主な治療は終了となります。

ただ、これに加えて、顎の形を定着させるために保定装置を付ける必要があり、その期間が約2年かかると言います。その前の矯正→手術→矯正の期間が約3年かかるそうなので、治療開始から完全にその治療が完了するまでには、目安としては約5年の期間がかかるようです。

ちなみに、その手術がどのようなものなのかというのは以下の図を参考にしてください。治療を終えるまでに5年もかかってしまうと聞くとなかなかそれをやろうという気になれない方も多いと思うのですが、以下の図を見ていただくとその治療がいかに有効なものであるのかというのが分かるのではないかと思います。

じゃあ、この治療を受けたいとなった場合にはどこの病院に相談したら良いのかという話になりますが、このアデノイド顔貌を、顎変形症の症状として、保健適用のもとで治療をするためには、自立支援医療(更生・育成医療)機関、または顎口腔機能診療施設に指定されている病院での診察、診断がその条件となっています。逆にこれ以外の病院で治療をうけようとすると、治療費は全額自費となってしまうので注意をしてください。

例えば、矯正歯科の一部が今説明したような施設に指定されていますので、もし病院の方に症状を相談したいと思ったら、お近くにある矯正歯科がそういった施設に指定されているのかどうか一度ご確認していただくことをお勧めいたします。

もし保険適用となった場合には、全ての治療を合わせた費用はだいたい数十万円がその目安となるようですが、その人の症状の違いによってこの辺りは結構変わってくるようです。まずは一度信頼できる病院の医師に相談をしてみるようにしましょう(^^)

まとめ

今回の記事では、アデノイド顔貌の名前の由来についてまとめますとともに、この症状の治療法や、相談すべき病院の情報などについてまとめました。

アデノイド顔貌の症状は慢性的な口呼吸の症状によって形成されるとお話しましたが、実はその口呼吸という症状は、それ以外にも非常に様々な問題を引き起こす原因になるということが近年分かってきています。詳しくは以下の記事でまとめていますので、口呼吸をしてしまう癖がある方は是非一度目を通してみてください。

【※口呼吸を治したい方必見】お勧めの改善グッズはこちら!

今回の記事は以上になります。最期まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です