※アデノイド顔貌を矯正する方法とは?保険は適用されるの?…

アデノイド顔貌とは、口もとのでっぱりや下顎の後退などを特徴とし、横から見るとまるで下の顎が無いかのように感じる独特な顔つきのことを言います。

そのアデノイド顔貌がどんなものかというのは、以下の図を参考にしてください。

「口ゴボ」とも呼ばれているこのアデノイド顔貌の症状ですが、実はこういった顔つきというのは、近年慢性的な口呼吸がその形成に大きく関わっているのではないかと指摘されています。

正しくは、その口呼吸に伴うポカン口の症状が小さいころから身についてしまうと、それが骨格の成長に大きく影響し、出っ歯や下顎の後退を引き起こしてしまうのです。人の顔つきは遺伝的な要素が非常に大きいように思えますが、実は小さいころからの日々の習慣というものも非常に大切なんです。

スポンサードリンク



今回この記事をご覧になってくださっている方の中には、自分がアデノイド顔貌なのではないかと悩み、その症状を何とか治したいと考えている方もおそらくいるのではないかと思います。実際、このアデノイド顔貌は、歯並びを治す矯正や手術を行うことによって治すことができるのですが、そのためには結構な時間がかかります。

そうすると問題になってくるのは費用の問題ですが、実は通常であれば歯科矯正というものには保険が適用されることはないのですが、アデノイド顔貌の症状がある場合、その症状の程度によっては、矯正にも保険が適用される場合があるんです。これは一体どういうことなのでしょうか。

そこで今回の記事では、アデノイド顔貌とはいったいどんなものなのかということについて詳しくまとめますとともに、そのアデノイド顔貌を治すための矯正、手術に関する情報や、保険が適用されるのはいったいどういう場合なのかということについても詳しくまとめていきたいと思います。

アデノイド顔貌とは?その名前の由来はこちら…

アデノイド顔貌とは何とも変わった名前ですが、この下顎の後退を特徴とする顔つきがなぜアデノイド顔貌と呼ばれているのか、その理由についてまずは簡単にご説明したいと思います。

まず、このアデノイド顔貌という名前に含まれている「アデノイド」とは鼻の奥にある免疫組織のことであり、この組織は体の外部から侵入してくる細菌やウイルスなどの情報を記録して、それに対する抗体などを産生する役割などを担っています。このアデノイドは別名咽頭扁桃(いんとうへんとう)とも呼ばれていて、扁桃腺という呼び名で広く知られている喉にある口蓋扁桃(こうがいへんとう)もこれと同じような役割を担っています。

そのアデノイドの位置は、以下の図を参考にしてください。

このアデノイドという組織はうまれてから数年は段々と大きくなっていき、およそ5歳くらいで最大の大きさに達して、その後は段々と小さくなっていくということが分かっています。この時にはすでにこの組織は本来の役割をほとんど終えており、特にあってもなくても問題はないそうです。

ただ、このアデノイドがあるが故に問題が起きてしまうということもあり、先ほどアデノイドは段々大きくなると言いましたが、中にはそのアデノイドが肥大しすぎて、それが慢性的な鼻づまりを引き起こす原因になってしまうことがあるのです。アデノイドの位置を見ていただければ、確かにそれが鼻づまりの原因になってしまうということはよくわかりますよね。

そして、その結果アデノイド肥大が起きてしまう方は口呼吸をするようになってしまうため、これが段々と下顎の後退を引き起こす原因になってしまうと考えられているのです。つまり、アデノイド肥大によって口呼吸が身に付き、その結果下顎の後退や上顎の突出を特徴とする顔つきに成長してしまうというのが、この顔つきがアデノイド顔貌と呼ばれている理由になります。

しかし、実際このアデノイド顔貌という顔つき自体は、その根本的な原因は口呼吸にあるため、アデノイド肥大だけがその原因になるというわけではありません。

例えば慢性鼻炎の症状による影響から口呼吸が身についてしまった場合でもこのアデノイド顔貌になってしまう可能性がありますし、顎の筋力が鍛えられていないことによって口呼吸になってしまっている場合でも、それもまたアデノイド顔貌の形成を引き起こす原因になってしまうのです。

スポンサードリンク



アデノイド顔貌の矯正、手術の方法とは?保険が適用されるのはどんなとき?

先ほど、アデノイド顔貌という顔つきは慢性的な口呼吸の症状によって形成されてしまうというお話をしましたが、これはもう骨格がそのように定着してしまっているということなので、大人になってからその口呼吸をやめたとしても、それによってアデノイド顔貌の症状まで綺麗に改善されていくということはありません。

ただ、口呼吸という習慣自体を改善した方が良いということは間違いありません。実は、今回は特にアデノイド顔貌の症状について詳しくまとめていますが、この口呼吸という習慣は、それ以外にも非常に多くの問題を引き起こし、私たちの健康に大きな影響を与えてしまうということが最近段々と分かってきているのです。

その中には、思わず「そんなものまで?」と思ってしまうような問題まで含まれており、例えば、慢性的な口呼吸の症状は、関節の変形などを特徴とするリウマチの発症にも関与しているという指摘まであります。果たしてこれは一体どういうことなのでしょうか…

詳しいことは以下の記事でまとめていますので、気になる方は是非一度ご覧になってみてください。

【※口呼吸を治したい方必見】お勧めの改善グッズはこちら!

さて、では話をアデノイド顔貌に関する内容に戻したいと思いますが、この症状を綺麗に改善するためには、歯並びを改善する矯正や、骨格を変える外科手術を視野に入れた治療をしていく必要があります。

もし、症状が軽度である場合には、歯科矯正を行うだけでもある程度の改善効果を期待することができます。例えば、以下の写真の女性の方はその歯並びを治すための矯正を行った方らしいのですが、横顔が以前よりも綺麗になっているということが分かりますよね。また、下顎も以前より前に出ているように感じます。

しかし、もしアデノイド顔貌の症状がひどく、重度の下顎の後退がみられるという場合には、歯の矯正と合わせて、外科手術を行わなければ、大きな改善効果は見込めないようです。一度定着してしまった骨格を改善するということは、やはり簡単なことではないんですね。

ただ、その手術を乗り越えることができれば、見違えるような改善効果を得ることができます。では、実際アデノイド顔貌を改善するためにはどのような手術をするのか、ということについて詳しく説明していきたいと思います。

と、その前に、最初にこのアデノイド顔貌の症状は保険適用のもとで治療を行うことができる場合があるというお話をしましたが、実はこのアデノイド顔貌は、その症状がひどい場合には、医学的に言うと顎変形症というものに該当する可能性があり、そうなるとこの治療に保険を適用させることができるんです。

実際には、その下顎の後退の影響によって、かみ合わせに影響を与えていると判断されると、顎変形症と診断され、その治療を保険適用のもので受けることができるそうです。ただ、もう少し条件があって、このアデノイド顔貌の症状を顎変形症の症状として治療を受けるためには、自立支援医療(更生・育成医療)機関、または顎口腔機能診療施設に指定されている病院で、その診断をうける必要があるんです。

このように条件はあるのですが、普通、歯科矯正というものには保険は適用されませんので、その費用は非常に高額、具体的にはそれだけで100万円近い金額になってしまう場合もあります。しかし、顎変形症は先天性の異常以外の症状においては唯一保険が適用される症状であり、もし顎変形症と診断されれば矯正の費用も大幅に抑えることができるため、もし自分がこれに該当するのではないかと思う方は、一度そういった施設に相談してみることをお勧めいたします。

さて、ではもし実際にアデノイド顔貌、すなわち顎変形症における下顎の後退の症状が顕著にみられ、その治療を行うとなった場合には、歯並びの矯正と、外科手術を両方行うことによって、かみ合わせの改善をはかります。

実際には、まず歯科矯正を行うことによってなるべくかみ合わせを改善し、その後外科手術によって下顎の骨を切りとって前にだします。そして、その後再びかみ合わせをそろえる歯科矯正を行い、それが取れた後は、顎の骨格が再び定着するように約2年間保定装置というものを付けるそうです。

文章を読んでいただくと何となくわかると思いますが、この治療には結構な時間がかかります。普通の歯科矯正を行う場合でも、その期間は1年から2年ほどはかかりますが、やはりこの顎変形症の治療における、最初と最後の矯正にも、個人差はあるようですが1年以上の期間を必要とする可能性も高く、矯正の開始から、保定装置が取れるまでの期間を総合すると、3年~5年ほどの期間はかかると考えた方が良いようです。

こう聞くと、じゃあ手術をうけなくてもいいかな、と思ってしまう方もいるかも知れませんが、この治療を行うと、イメージとしては以下のような感じでその症状が改善されるそうです。こう見ると、いかにこの治療が大きな改善効果を期待できるものであるのかということがよくわかりますね。

また、自費でこういった治療を受けるとなると、それはつまり美容整形のようなものなので、治療費は高くなってしまうということが容易に予想されますが、もし本当に下顎の後退が顕著にみられ、これを顎変形症として保険適用のもとで治療ができるのであれば、その治療費は大幅に抑えることができます。

このあたりの費用がどのくらいかかるのかというのは、その人それぞれの症状の程度によって変わってくるため一概にこのくらいですとは言えないのですが、イメージとしては、矯正→手術→矯正→保定期間を含めた治療費が、自費だと200万円くらいかかるのに対し、保険が適用された場合には、これが50万円くらいになる、というような感じになるそうです。しかし、もう一度言いますが、これはあくまでイメージなので、1つの目安として考えてください。

まとめ

今回の記事では、アデノイド顔貌とはいったいどのような症状のことを言うのか解説しますとともに、その治療に関する情報についても詳しくまとめました。

アデノイド顔貌の症状は、症状がひどい場合だと顎変形症という症状に該当する可能性があります。もしこれにあてはまる場合には、その治療費には保険が適用されますので、もし自分がこれにあてはまるのではないかと思う方は、一度自立支援医療(更生・育成医療)機関、または顎口腔機能診療施設に指定されている施設に詳しい相談をしてみるようにしてみましょう。

今回の記事は以上になります。最期まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です