【※注意】口呼吸が顎のしわや皮膚が伸びる原因になるって本当?

私達人間は本来、鼻呼吸によって息をするのが正しいとされているのですが、中には何らかの原因によって、いつの間にか口で呼吸を行う習慣が身についてしまっている方がいます。

この「口呼吸」は、実は多くのデメリットを伴う間違った呼吸法であるとして、現在様々な医師がその改善に取り組むよう呼びかけているのですが、皆さんは、口呼吸にはどんなデメリットがあるかご存知でしょうか?

スポンサードリンク



まずそのデメリットとして挙げられるのが、感染症にかかりやすくなるということ。これは、本来フィルターとしての機能を果たしている鼻ではなく、口から空気を吸い込むことによって、細菌やウイルスが含まれている空気を直接的に吸い込んでしまうのがその理由です。また、このほか口呼吸は口内の乾燥の原因となり、口内細菌の増殖を誘発することで、口臭が強くなる原因にもなります。

しかし、口呼吸によるデメリットはこれだけではなく、特に小さいころから口呼吸が身についてしまった場合には、それがいずれ顎のしわの原因になったり、顔の皮膚が伸びる原因になってしまう可能性があります。果たしてこれはどういうことなのか、以下で詳しく解説していきたいと思います。

口呼吸ってなんでいけないの?そのデメリットはこちら!

口呼吸によるデメリットは、1つや2つではありません。しかも、もし小さいころに口呼吸をする習慣が身についてしまうと、それはのちになかなか改善できないような影響をその人に与えてしまう可能性があるんです。

では、口呼吸によるデメリットにはいったいどんなものがあるのか、詳しく説明していきたいと思います。

1:感染症にかかりやすくなる

口呼吸のデメリットとして、まず1つ目に挙げられるのが、先ほども言いましたように、感染症にかかりやすくなるということです。

確かに人間は口でも呼吸をすることができますが、鼻は、吸い込んだ空気をある程度綺麗にしてから肺に届けるためのフィルターとしての役割を果たしています。しかし口の中にはそういったフィルターとしての機能を果たしてくれるものがないので、口呼吸をする方は、鼻呼吸をする方に比べて、細菌やウイルスによる影響を直接的に受けやすく、感染症を発症するリスクが高くなるといわれています。

2:口臭が強くなる

口呼吸のデメリットとして、口臭が強くなるということも挙げられます。

口臭は、そのとき食べたものなどによっても変わりますが、実は口臭の原因のほとんどは、口内で発生している細菌によるものです。口の中に細菌が存在していること自体は珍しいことではなく、人の口内には常在菌として約300種類もの細菌がいることが分かっていますが、こういった細菌が増えてしまうと、口臭は強くなってしまうのです。

口呼吸が口臭の原因となってしまうのは、口呼吸によって、本来そういった細菌の増殖を抑える働きをしている唾液が乾燥してしてしまうためです。つまり口呼吸をすると口内が乾燥し、細菌が増殖するため、口臭は強くなる傾向にあるといわれています。また、こういった理由から、口呼吸は歯周病、虫歯を誘発する原因にもなるそうです。

3:睡眠時無呼吸症候群になりやすい

睡眠時無呼吸症候群という病名を1度は聞いたことがあるという方が多いのではないかと思いますが、これはその名前の通り、睡眠時に、10秒以上の無呼吸を何度も何度も繰り返してしまう病気です。

こういった影響から、この病気の患者は夜中に何度も起きてしまうようになるため、疲れが取れず、昼間に眠気に襲われたりするのが主な症状として挙げられているのですが、実はこの病気が近年注目されているのは、症状をそのままにしておくと、いずれ脳血管障害高血圧心不全などの重大な病気を発症するリスクが高くなる可能性があるためなんです。

口呼吸がこの病気の根本的な原因になるといわれている所以は、口呼吸が、舌を喉の奥に落ち込ませる低位舌と呼ばれる症状の原因になると考えられているためです。喉に落ち込んだ舌は気道の閉塞の原因となるため、低位舌が起こっている方は睡眠時無呼吸症候群になりやすいのです。

この睡眠時無呼吸症候群と口呼吸の関係については以下の記事で詳しくまとめていますので、気になる方は一度ご覧になってみてください。

【※注意】睡眠障害の原因は口呼吸って本当?その改善方法はこちら!

4:歯並びや顔の形にまで影響を与える

実は、子供のうちから口呼吸をする習慣が身についてしまうと、それはいずれ歯並びや顔の骨格にまで影響を及ぼす可能性があるということが分かってきています。

特に口呼吸が身についてしまった子供は出っ歯になりやすく、中にはまるで一見顎がないかのような、アデノイド顔貌と呼ばれる独特な顔立ちに成長してしまう方もいます。

このアデノイド顔貌については以下の記事で詳しくまとめています。

※アデノイド顔貌は治るの?その特徴や原因の口呼吸について解説します!

スポンサードリンク



口呼吸が顎のしわや皮膚が伸びる原因になるって本当?

このように、口呼吸は非常に様々なデメリットの原因となるということが分かってきているのですが、実はこの口呼吸をする習慣が身についてしまうと、それはの梅干しのようなしわの原因になったり、顔の皮膚が伸びる原因になってしまう可能性があります。

まず、皮膚が伸びるということはつまり、ほっぺの皮膚がたるんでしまうということを言いたいのですが、これは、口を常にあんぐりと常に開けていることによって、口周りの筋肉の機能が落ちてしまうためです。また、歯並びが悪くなるといわれるのも、口呼吸が口周りの筋肉の発達に影響を与えるからであるということがまず1つの原因として考えられています。また、口を閉じないため、かみ合わせがしっかりと定着しないのも歯並びが悪くなる原因の1つです。

そして、口呼吸が顎のしわの原因になるという問題ですが、そもそも顎にできる梅干しのようなしわはいったいなぜできてしまうのかというと、これは口を閉じるために使われる顎のオトガイ筋と呼ばれる筋肉が緊張しているためです。

口をあけている方は、普段このオトガイ筋をあまり使っていないということなので、いざ口を閉じようとすると筋肉の緊張が起きやすく、この梅干しのようなしわができやすいんだそうです。

また、出っ歯の方は歯が出ている分口を閉じづらいため、いざ口を閉じようとするとよりオトガイ筋がより緊張し、このしわができやすいとも言われています。

先ほども言いましたように、小さいころから口呼吸をしている方はアデノイド顔貌に代表されるように出っ歯になりやすい傾向にあるため、そういう意味でも、口呼吸は出っ歯を招き、よりオトガイ筋の緊張を招くことで、顎のしわの原因になるといえるでしょう。

口呼吸を改善するにはどうしたら良いのか?

このように様々なデメリットが挙げられる口呼吸は、口が開かないよう固定するテープやマスクなど、その改善グッズも現在数多く販売されています。

寝ている間にこういったグッズを活用し、口呼吸を改善させるのも一つの手ですが、起きている間に口呼吸を改善する方法として、多くの医師の方がガムを噛むという方法を提唱しています。確かに、ぼーっとしているときに口が開いてしまうという方でも、ガムを噛んでいれば口は自然と閉じますよね(^^)

ただ、もし口呼吸だと感じている方は、そもそも口呼吸をしてしまう原因が何なのか、ということを考えるのがまず大切です。特に、鼻づまりが起きやすい方がこの口呼吸をしやすい傾向にあるといわれているため、普段から鼻が詰まっているような感覚があるという方で、その原因が分からないという方は、耳鼻咽喉科の医師に診てもらってその原因をはっきりさせるようにしましょう。

また、この口呼吸は猫背の方がなりやすいとも言われています。もし鼻づまりはないのに口呼吸になりやすいという方は、姿勢を意識すると改善されるかもしれませんね(^^)

まとめ

今回の記事では、口呼吸が引き起こす様々なデメリットに関する情報に加え、その改善方法などについて詳しくまとめました。

口呼吸が慢性化してしまうと、それは口周りの筋肉の機能を低下させ、結果皮膚が伸びる原因になったり、顎にしわができやすい原因になったりもします。口呼吸にはデメリットしかないといっても過言ではないので、もし、自分は普段口呼吸かもしれないと感じる方は、できるところから改善に取り組むようにしましょう。

今回の記事は以上になります。最期まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です