【ストップ】喘息大人の治療における入院の必要性について…

皆さんは喘息という病気がどのくらい怖い病気であるかご存知でしょうか?ひどくなると入院が必要になりますし、発見や治療が遅れてしまうと亡くなってしまう場合もあります。なんと、喘息によって亡くなる方は現在も年間約2000人近くいるのです。

また、喘息は子供に多い病気、または子供のころに発症してしまう病気と認識されている方も中にはいるかもしれませんが、近年、大人になってから喘息を発症してしまう方は増加傾向にあるといわれています。そして、大人になってから発症する喘息の方が重症化しやすいといわれているため、早期に発見できるよう注意が必要です。

スポンサードリンク



大人になってから喘息になってしまった方の中には、自分が喘息であるとは気づかずに治療が遅れた結果、症状が悪化してしまう方もいます。先ほども申しましたように、喘息は入院が必要になってしまうこともあるため、入院するほどの重症化に発展しないように、喘息の初期症状や、どういった場合に喘息を発症しやすいのかを把握しておくことはとても大切です。

また、実際に喘息を発症してしまった場合はどの程度の症状だと入院が必要になるのか、そしてもし入院になる場合は入院中どのような治療が必要になるのかということを、喘息患者や喘息の患者を家族に持つ方は知識として持っておくことも大切ですね。

そこで今回の記事では、喘息の治療における入院の必要性、そして入院中はどのような治療を行うのかといった情報について詳しくまとめていきたいと思います。

気管支喘息とはどのような病気なのか?

a0001_014069

入院に関する情報についてお伝えする前に、まず喘息とはどのような病気であるのかを簡単に説明したいと思います。喘息は発作が出てしまう病気という認識は多くの方が持っているのではないかと思いますが、この病気の根本的な原因は、気管支に慢性的に生じてしまう炎症です。

喘息を発症すると、気管支の部分などで好酸球と呼ばれる白血球の一種の増加がみられ、気管支は常に炎症を起こしている状態になってしまいます。普通、炎症というものはウイルスなどが感染した時などに見られる免疫反応ですが、気管支喘息の患者では、特にウイルスの感染が起きていなくても気管支が慢性的に炎症を起こした状態となってしまうのです。

そして気管支に炎症が起きると、この炎症の影響によって気管支がむくみ、気道が細くなることによって気管支喘息の患者は息苦しさを感じるようになります。また、この炎症を起こした気管支は非常に敏感になっているため、何らかの刺激が与えられると急激に気管支が収縮して、呼吸が困難になることがあります。これがいわゆる発作と呼ばれる症状です。

このように気管支の収縮が起こる原因には、アレルギー反応、運動、お酒、たばこの煙など様々なものが挙げられるのですが、その中でも特にアレルギー反応によって発作が引き起こされてしまう方が多いといわれています。アレルギー反応が起きるとなぜ発作が起きてしまうのかというと、アレルギー反応が起きた際、体内で放出されるヒスタミンやロイコトリエンと呼ばれる物質には、気管支の収縮を促す作用があるためです。

一口にアレルギー反応と言っても、その原因は人それぞれですが、特に家の中にいるときに気を付けるべきなのはダニアレルギーです。実は、現在ダニアレルギーの症状がある方は国民の4人に1人とも言われており、決して珍しいものではありません。

ダニアレルギーは生きているものだけではなく、その死骸やフンもアレルギーの原因となります。これは、一部のダニが持っているシステインプロテアーゼと呼ばれる酵素がアレルギー反応の原因であり、これが死骸やフンにも含まれているためです。

ダニは、小さすぎて目に見えないだけで、特に、ダニの餌となる人間のフケが落ちていて、程よい湿度が保たれている布団には、数十万匹以上のダニがいることもあるといわれています。アレルギー反応は気管支喘息の患者にとっては1番に避けるべきものなので、もし寝ているときに息苦しさを感じたりすることがある方は気を付けるようにしましょう。ダニの対策に関する情報は以下の記事でまとめています。

夜の空咳はダニアレルギーが原因?寝具には数百万匹ものダニがいるということをあなたはご存知だろうか?…

また、大人になってから喘息を発症してしまった方の中には、ロキソニンやバファリンなどの痛み止めによって重度の発作が起きてしまう方もおり、この病気はアスピリン喘息と呼ばれています。少し特殊な例ですが、この病気は子供にはいないことから、大人になってから後天的に発症すると考えられているため、大人の喘息患者の方は知っておいた方が良いでしょう。

アスピリン喘息に関する情報や、喘息の発作を引き起こす原因に関する情報は以下の記事でまとめています。

【※気管支喘息とアスピリン喘息の違いとは?】その症状や原因、薬による気管支喘息の治療に関する情報はこちら…

【注意】喘息大人の発作の症状を引き起こす原因とは?…

喘息の治療の仕方とは?

35bf6493f958b9fdd41e438c185bedf7_s

喘息の発作の原因には様々なものがありますが、実際にその根本的な原因となっているのは先ほども申し上げましたように気管支に生じている炎症です。そして、この炎症は免疫の誤作動によって生じているため、薬によって治療を行わない限りは基本的には治りません。

むしろ、炎症が起きた気管支は、そのままにしておくと炎症によって傷つき、修復を行うという工程を繰り返し、さらに壁が厚くなるというリモデリングと呼ばれる症状を引き起こします。リモデリングが起きると治療が困難になるため、喘息は早期発見、早期治療が大切なのです。

喘息を発症してしまった場合、医師は第一に吸入ステロイドと呼ばれる薬を処方します。これはその名前の通り、抗炎症作用のあるステロイドを、吸入によって直接炎症が起きている気管支に作用させる薬になります。喘息の治療においては、この吸入ステロイドを、継続的に使用して徐々に気管支の炎症を抑えていくことが基本となります。

ステロイドと聞くと副作用が心配、と思われる方も中にはいるかもしれませんが、吸入ステロイドは直接気管支に作用させるため、ごく少量で済すことから、全身への副作用を心配するほどではありません。ステロイドは喘息の治療においては50年以上も用いられている優れた薬ですので、医師の指示に従い安心して使用してください。

また、ここで1つ注意点ですが、喘息は1度症状が落ち着いたと思っても、また症状が表れてしまうことがあります。そのため、自己判断で薬の使用をやめることはしないようにしましょう。治療が不十分だと、症状が悪化し、それこそ入院が必要になってしまう可能性もあります。

喘息大人の初期症状とは?

0fa7e06a2ab1f2dc8f4f2e24c890e75b_s

近年、大人になってから喘息を発症してしまう、喘息大人の症状に悩む方は増えてきているのですが、それでは、大人になってから喘息を発症してしまう方はどのような時に喘息を発症しやすいのでしょうか。また、喘息を発症してしまった場合はどのような初期症状が現れてしまうのかといったことについてまとめていきたいと思います。

大人になってから喘息を発症してしまう場合、その多くは感染症や、妊娠出産による体調の変化に伴って発症してしまう方が多いようです。

特に風邪などの感染症に伴って喘息を発症してしまった方は、熱が引いたのに息苦しさや空咳(乾いた咳)の症状だけが残り、それを風邪の治りかけと勘違いをしてしまってなかなかその原因が喘息とは気付けない方も多いそうです。しかし、そのままにしてしまうといずれ急に発作などが起き、入院が必要になる可能性もあるため危険です。それでは、いったい喘息かどうか見分けるためにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、喘息を発症してしまっ場合、患者の中には喘鳴と呼ばれる気管支喘息の患者に特有な症状が見られることがあります。これは、気管支が細くなっていることによって、呼吸をすると、ゼーゼー、ヒューヒューと聞こえる音のことを指し、この喘鳴の症状が見られる場合は気管支喘息の可能性が高く、極めて危険な状態と言えます。

また、先ほども言いましたが、原因のわからない息苦しさや、空咳の症状が1か月近く続いている場合も喘息を疑った方が良いでしょう。喘鳴の症状が見られず、特徴的な症状が空咳と喉の違和感だけである場合は咳喘息と診断されるかもしれません。これは、気管支喘息の中でまだ比較的症状が軽度のものを言います。

しかし、この咳喘息の症状も、そのままにしておくといずれ本格的な気管支喘息の症状に移行してしまう可能性があるといわれているため注意が必要です。発作が起きて入院が必要になってしまう前に、なるべく早く呼吸器内科の医師に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク



入院の必要性がある発作の程度とは?

5f357fb7a5c757d62d7245208d19177d_s

ここまでに喘息がどのような病気なのかということについてお伝えしてきましたが、喘息は実際どのくらいひどい発作が出ると入院の必要性がでてくるのでしょうか?

喘息の発作の症状は、その程度によって小発作中発作大発作の三つにわけられます。ここからは、具体的にどのような症状がこれら三つを分ける基準となるのか詳しく説明していきたいと思います。

小発作

軽度の喘鳴の症状が見られ、軽度の陥没呼吸(息を吸うと胸の一部がへこむ)の症状が見られる場合があります。また、この時点ではほとんど通常通りに食事をとることができ、横になることができます。また、小発作の場合、*ピークフローの値は、吸入薬の吸入前の値が基準値の60%以上で、吸入後の値が基準値の80%以上と決められています。小発作の場合は生活に支障をきたすとまでは言えませんが、重症化のおそれもあるため注意が必要です。

*ピークフローとは、十分な量の空気を吸い込み、それを強く吐き出した時の最大の息の速さを指します。喘息患者は喉の炎症によって気管支が狭くなっているため、この値が基準値よりも低くなっています。吸入薬の吸入後は炎症が治まり、気管支も広がるため、ピークフローの値は高くなります。

中発作

明らかな喘鳴と陥没呼吸の症状が見られます。また、中発作の場合食事は少し困難になり、横になると息苦しさを感じるため、座っている方が楽になります。中発作の場合、ピークフローの値は、吸入薬吸入前が30~60%で、吸入後が50~80%と定められています。

大発作

著明な喘鳴と陥没呼吸の症状が見られます。大発作を起こすと食事は困難になり、前かがみにならないと呼吸もしづらくなります。また、意識の低下もみられ、歩行も困難になります。また、ピークフローの値は吸入前が基準値の30%未満で、吸入後が50%未満と定められています。このような大発作の症状に陥ってしまった場合は*チアノーゼが起こる可能性があり、放っておくと呼吸不全に陥る恐れがあります。

*チアノーゼとは、呼吸困難から、血液中の酸素飽和度(サチュレーション)が低下して、唇や指先などが青紫色になってしまう症状のことを指します。血液中にはヘモグロビンが存在しますが、正常であればヘモグロビンはほぼ100%酸素と結合し、赤い色を帯びています。しかし酸素がうまく取り込まれないと、酸素と結合できない還元ヘモグロビンの割合が増加することで、このような青紫色に見えるようになるのです。

これらの症状のうち、中発作以上の症状が出ると入院を視野に入れた治療が必要になります。具体的には、中発作の場合は病院で治療を受け、数時間たっても症状の改善が見られなかったり、回復が不十分であった場合は入院が必要になるようです。

大発作を起こして病院で治療を受け、一時間たっても症状の改善が見られない場合も入院の必要があります。また、以前に大発作を起こしている方も重症化の恐れがあるため入院治療を行う場合があるそうです。

何はともあれ、もし少しでも自分の症状が危ないと感じたら、すぐに医師に相談をするようにしましょう、そこで入院が必要になった場合は、入院をしてしっかり治療をすることが大切です。

喘息の発作が出てしまったとき、まずはあわてずに息を整えることが大切です。発作が出てしまったときの緊急の対処法に関する情報は以下の記事でまとめていますので、よろしかったらご覧になってみてください。

【※喘息大人の発作がでた時の対処法とは?】薬がない時の対処法もご紹介します…

入院中の治療と入院期間とは?

515250acb708988763e788eef5805c09_s

それでは、実際入院をすることになった場合、どのような治療を行うのか、また、どのくらいの入院が必要なのかということについて説明します。

大発作を起こしてしまった場合、喉はひどい炎症を起こし、気管支が狭くなっているため、呼吸が困難な状況にあります。そこで、このような場合はまずは症状が安定するまで酸素の吸入を行い、抗炎症剤や気管支拡張剤などをもちいて気道の確保を最優先で行います。

しかし、これらの処置でも症状の改善が見られない場合は集中治療室で治療を受ける必要があります。このような場合は自力での呼吸が困難になっているため、人工呼吸器によって酸素の導入が行われます。

入院後は、症状の改善が見られるまで、点滴や一日数回の吸入薬の吸入によって治療が行われます。また、酸素の吸入や、症状の改善がされているか確かめるために、一日一回サチュレーションの測定が行われます。

入院は症状の改善が見られるまで続き、具体的には一週間から二週間ほど入院することが多いようです。長いように感じるかもしれませんが、喘息の人はサチュレーションの改善が見られても、しっかりと良くなるまでは、少しの運動でサチュレーションの値がまた下がってしまう場合があるので、時間をかけてゆっくりと治療を行う必要があるのです。

退院の判断基準としては、歩行をしても息が苦しくならないこと、吸入薬の効果が4時間以上続くこと、夜間発作などで目を覚まさないこと、サチュレーションの値が改善されていることなどが挙げられます。これらの条件を満たすことで退院が認められます。

しかし、重要なのは、退院してからの治療です。また入院が必要にならないように、医師としっかりと話し合って、その後のケアを十分に行うようにしましょう。

まとめ

今回は喘息大人の治療における入院の必要性と、入院中の治療に関する情報などについてまとめました。

普段からしっかりと体調の管理を行うことで喘息の発作の発症はある程度防ぐことが出来ますが、もし発作がおきてひどくなってしまってしまい入院が必要になってしまった場合は、医師の指示に従いってしっかりと治療を行う様にしましょう。

また大人になってから喘息を発症してしまった方は症状が重症化しやすいといわれています。入院が必要にならないように、継続的な治療を怠らないように気を付けてください。

また、よろしかったらこちらの記事もご覧になってみてください。

hiv感染症の初期症状は空咳?感染経路や感染率、検査の方法から治療法まで詳しく解説します!…

降圧剤の副作用で表れる空咳の症状とは?国内に4000万人も患者がいる高血圧の原因や仕組みについて詳しく解説します!…

副鼻腔炎(蓄膿症)が咳の原因に?空咳や痰が絡む咳の原因について解説します!…

長引く咳に効く薬や、子供でも飲める手作り咳止めシロップをご紹介します!…

【※ホメオパシー(同種療法)とは?】空咳や痰が絡む咳に効果のあるレメディの種類についてご紹介します…

今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です