※小児の喘鳴の原因とは?感染症による場合は肺炎に要注意!…

喘鳴(ぜんめい)とは、一般的には主に気管支の閉塞によっておこる症状で、細くなった気管支を空気が通る際に鳴ってしまう、ゼーゼー、ヒューヒューというような音のことを言います。

この喘鳴の症状は特に気管支喘息の患者に多くみられる症状であり、この症状があるかどうかというのが気管支喘息の症状やその程度を判断するにあたってはとても大切な要素の1つになります。喘息を発症すると気管支が慢性的に炎症を起こした状態となってしまうため、その炎症の影響から気管支がむくんでしまうと、その結果空気の通り道が細くなって、この喘鳴の症状を起こしてしまうのです。

スポンサードリンク



しかし、この喘鳴という症状は気管支喘息の症状に特有のものというわけではなく、その他の原因によってもこの症状が引き起こされてしまうこともあります。特に小児の場合は、肺炎を伴う感染症の場合もこういった喘鳴の症状が表れることがあるといわれているため、注意が必要です。

熱や胸の痛みを伴う場合で、この喘鳴の症状を伴うという場合は要注意!今回の記事では、喘鳴が起きてしまう原因や、その喘鳴と小児の肺炎との関連について詳しくまとめていきたいと思います。

小児の喘鳴の原因とは?音が鳴るタイミングに注目してください!

喘鳴と一口に言っても、実はその原因には様々なものが考えられます。

またその喘鳴の症状が、息を吸うときに出ているのか、それとも息を吐くときに出ているのか、という違いからも、その原因はまた変わってくるといわれているんです。

まずは、以下の図を見てください。この図は口や鼻から肺にかけての体の内部の様子を表した図になりますが、私たちの呼吸器は、咽頭から上を上気道と呼ぶのに対し、気管から舌は下気道とよばれ区別されています。ちなみに一般的な風邪という病気は、主に上気道における急性炎症を伴う感染症のことをいいます。ただ、完全に上気道の範囲におさまるというわけではなく、その症状が下気道にまで広がってしまうということももちろんあります。

さて、では喘鳴はいったいどのようにして起きるのかということですが、もし息を吸うときに喘鳴におけるヒューと言うような音が聞こえる場合には、鼻や口から上気道にかけてのどこかにその原因となる狭窄部位があるといわれています。

例えば、鼻の奥にある免疫組織である咽頭扁桃(アデノイド)が肥大していたり、喉にある口蓋扁桃が肥大していたり、その他には咽頭における炎症や、腫瘍などもその原因として挙げられているようです。

息を吸うときに音が鳴る、というのは、いびきの症状を想像していただければわかりやすいと思います。いびきは鼻の奥で狭窄が起きていたり喉が狭くなってしまっているとその空気抵抗から生じてしまうのですが、確かに、息を吸うときに音が鳴りますよね。

いびきというと何となく中年の男性などに多いイメージがあるという方も多いと思いますが、実は小さい子供でもいびきをかいてしまうことはあって、その場合には先ほど挙げたアデノイドの肥大や、それに伴う低位舌の症状などがその原因として考えられます。

低位舌とは、舌の機能低下によって段々と舌が喉の奥に落ちこんでしまう症状のことを言うのですが、この喉に落ち込んだ舌が気道を閉塞し、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす原因になってしまうということが、たびたび問題となっています。

そして、その低位舌の原因となるのが、慢性的な口呼吸であるといわれており、その口呼吸の原因として、先ほど説明したアデノイドの肥大などがこれに含まれています。ちょっとややこしくなってしまってすみませんが、実はこれは小児の子供を持つ方にとっては非常に重要な問題だと思いますので、少し詳しく説明させていただきます。

実は小児の時期においては、アデノイドが肥大してしまうということがたびたび問題となってしまいます。アデノイドの位置というのは以下の図を参考にしてください。

このアデノイドは鼻から侵入してきた様々な細菌やウイルスの情報を記録する役割などを担っている非常に重要な組織であり、成長とともに大きくなって、その大きさは大体5歳くらいで最大に達するといわれています。そして、その後は段々と縮小していくこともわかっているのですが、中にはこれが肥大しすぎたり、大きいままであったりという方もいるそうで、これが小児の時期における慢性的な鼻づまりの症状を引き起こす原因になってしまいます。

実際、アデノイド肥大の症状がある子供が呼吸をすると、ヒューヒューというような喘鳴のような症状が見られます。もし自分のお子さんが特に熱はないのに、慢性的な鼻づまりがあって、呼吸が苦しそうという場合には、このアデノイド肥大が起きていることも考えて一度専門の医師に診ていただいた方が良いでしょう。

このアデノイド肥大が直接何か重大な問題に発展する、というわけではないのですが、実はそのアデノイド肥大による影響から、慢性的な口呼吸の習慣が身についてしまうと、それは後々取り返しがつかないような重大な問題を引き起こす原因になってしまう可能性もあるんです。その口呼吸が引き起こす問題については以下の記事で詳しくまとめていますので、小児のお子さんがいらっしゃる方は、是非一度目を通しておいてください。

【※口呼吸を治したい方必見】お勧めの改善グッズはこちら!

少し話がそれてしまいましたが、とても大切なことなので詳しくまとめました。

ここまでの内容を改めてまとめますと、息を吸うときに喘鳴のような音が鳴る場合には、主に上気道から上のどこかにその原因となっている狭窄部位があることが考えられます。

では、これに対して息を吐くときに音がなる場合にはというと、そういった症状がみられる場合には、主に下気道のどこかでその原因となる狭窄が起きてしまっている可能性があります。

下気道の狭窄が起こり、喘鳴の症状を引き起こす最も代表的な原因と言っていいのが、気管支喘息の症状です。気管支喘息とは、何らかの原因によって気管支において慢性的な炎症が起こってしまう病気であり、この炎症によって気管支の壁がむくんでしまうと、その部位を空気が通る際に喘鳴の症状が表れてしまいます。

また、熱を伴う場合には気管支炎なども感染症もその原因として考えられます。気管支は奥に行くほど細くなっていくため、その分狭窄も起きやすくなってしまうんだそうです。気管支喘息は感染症ではないため、熱が出るということはありません。もし吸気時に喘鳴の症状がみられ、熱の症状もあるという場合には、感染症が下気道にまで及んでいる可能性があるため、早めに医師に相談をするようにしましょう。

スポンサードリンク



ひどくなると肺炎にまで発展してしまう可能性も…

ここまで読んでいただいた方には喘鳴とはいったいどのような症状なのか、ということがようわかっていただけたのではないかと思いますが、その症状が感染症によるものである場合、ひどくなると肺炎にまで発展してしまう可能性があるため注意が必要です。

実は、これには小児ならではの理由があって、そういった小さい子供の場合、まだ体の様々な器官も成長している途中であるため、上気道と下気道の距離も近く、その感染部位が下気道や肺にまで及んでしまうということが大人よりも起きやすいんだそうです。

なんだか風邪っぽいな…という症状があって、いつの間にか胸の痛みや喘鳴の症状がみられるようになってしまった、という場合には、それが肺炎にまで発展してしまっているということも十分にあり得ますので、早めに医師の方に相談をしてください。

また、さきほど喘鳴の原因として鼻づまりの症状を挙げましたが、実はこういった鼻づまりによる喘鳴(鼻性喘鳴)の症状も、ほとんど小児にしか見られないといわれています。大人になると鼻腔が発達するため、小児のような狭窄が起きにくくなるんだそうです。

喘鳴は、小児の時期の子供の体調を管理するためには非常に重要な症状であると言えます。喘鳴の症状は、ゼーゼー、ヒューヒューと言うような音の他にも、鼻性喘鳴の場合にはゼロゼロという音であったり、ピーピーというような音がすることもあります。

ただ、呼吸をすると音がする、というのは口や肺から肺にかけてのどこかで空気の通り道が細くなってしまっているということですので、特に子供がつらい感じではないとしても、やはり一度医師の方に相談をしてみることをお勧めいたします。

まとめ

今回の記事では、小児の時期に起きてしまう喘鳴の原因について詳しくまとめました。

喘鳴というと、その原因としては気管支喘息の症状が非常に有名ですが、特に小児の時期においては下気道における感染症などもその原因となってしまうことがあるようです。特に、小児の子供は上気道における感染が下気道にまで広がりやすく、肺炎にまで発展してしまうということもあり得ますので、十分に注意してください。

今回の記事は以上になります。最期まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です