空咳の原因はダニ?アレルギー性の空咳に効くアネトンとは?

普段、布団に入ると空咳(乾いた咳)の症状がたびたび現れてしまうということはありませんか?

実は、布団にはとても大量のダニが潜んでおり、このダニは数時間布団を干した程度ではなかなか退治することが出来ません。

スポンサードリンク



ダニアレルギーと言っても自分は関係ないのではないかと思う方もいるかもしれませんが、実はダニに対してアレルギーを示してしまう方は現在4人に1人とも言われており、非常に多くの方がダニに対してアレルギーを示してしまうことが分かっています。

今回の記事では、たびたび空咳の症状が出てしまう方のために、ダニの対策に関する情報や、こういったアレルギー性の空咳に対しても効果を発揮するアネトン咳止めZ錠などに関する情報をまとめていきたいと思います。

空咳はダニが原因?布団にはとてつもない数のダニが潜んでいた…

172919

布団で寝るのは本当に幸せですよね。特に布団を干した日は暖かくて綺麗なお布団で寝るのが楽しみという方も多いと思います。

しかし、綺麗だと思っていたそのお布団、本当は綺麗ではないかもしれないということをご存知でしょうか?

実は、一般的に布団を天日干しするのはダニの退治に有効だと考えられていますが、4時間布団を干した程度ではほとんどのダニは死なないという実験結果が出ています。

そして、布団にいるダニの数を皆さんはご存知でしょうか…?実は、布団などの寝具には、約数十万から数百万匹ものダニが生息しているといわれています(-_-;)驚きですよね…。私たちはこれほど大量のダニと毎日一緒に寝ているわけです。これなら、いつアレルギー症状が出てもおかしくありませんね。

ならば、掃除機で吸い取ってしまえば良いのではないかと思う方もいると思いますが、生きているダニは繊維にしがみついているため、なかなか掃除機ですべてのダニを吸い取ることは難しいといわれています。しかし、ダニの死骸やフンを除去するためには掃除機をかけることは有効です。実はダニは生きているものだけではなく、その死骸やフンもアレルギーの原因となるため、掃除機をかけることは一定の効果を得る上では有効と言えます。

しかし、生きているダニを除去することが出来ない以上、ダニはすぐにまた繁殖しますから、ただ掃除機をかけた程度では全く根本的な解決にはなりません。それでは、この生きているダニはどのようにして退治したらよいのでしょうか?実はダニにはある弱点があるので、次にそちらをお伝えしていきたいと思います。

ダニは熱に弱い!乾燥機にかければ簡単に退治できます

実はダニには熱に弱いという決定的な弱点があります。太陽光には数時間耐えられるダニでも、熱い環境に放っておくと皆いちころです。

ダニを退治するのに必要な温度は、最低50度以上といわれています。50度の温度の中に30分も放置すれば、ほとんどのダニは死滅するそうです。

そこで、布団にいるダニを退治するうえでお勧めなのは、布団をコインランドリーなどにある乾燥機にかけることです。コインランドリーにある乾燥機はたいてい50度以上になりますから、この乾燥機を使って一気にダニを退治してしまいましょう!

そして、乾燥機にかけた後は、念のため掃除機をかけて、その死骸を吸い取るようにしましょう。乾燥機にかけ、死骸を吸い取る、この2つの手順を行うことによってほとんどのダニは除去することが出来るでしょう。

スポンサードリンク



アレルギー性の空咳にも有効!アネトン咳止めZ錠とは?

また、布団にいるときだけでなく、普段から空咳の症状がたびたび起こるという方には、アネトン咳止めZ錠というお薬がお勧めです。また、アネトン咳止めZ錠は空咳だけでなく痰が絡む咳の症状の改善にも有効です。

このアネトン咳止めZ錠には、主な有効成分として、コデインリン酸塩水和物、dl-メチルエフェドリン塩酸塩、リゾチーム塩酸塩、クロルフェニラミンマレイン酸塩、無水カフェイン、セネガ乾燥エキスなどが含まれています。

アネトン咳止めZ錠に含まれるこれらの有効成分のうち、コデインリン酸塩水和物には、咳の症状を起こす中枢に働きかけ、咳を抑えてくれる作用があります。

dl-メチルエフェドリン塩酸塩は、気管支を拡張させる作用と、気管支のけいれんを抑える作用により咳の症状を鎮めます。

リゾチーム塩酸塩には喉に絡む痰を溶かし、排出しやすくする効果があります。

クロルフェニラミンマレイン酸塩は抗ヒスタミン剤の1つで、アレルギーによっておこる咳を抑える効果があります。

無水カフェインは頭痛や不快感を和らげ、眠気を抑える働きがあります。

そして、セネガ乾燥エキスは気道粘膜の分泌を亢進させ、痰を薄くし、出しやすくする働きがあります。

このように、アネトン咳止めZ錠は、様々な有効成分の働きによって色々な咳の症状に効果的に働く薬となっています。

アネトン咳止めZ錠に含まれる様々な有効成分のうち、特に注目していただきたいのがdl-メチルエフェドリン塩酸塩と、クロルフェニラミンマレイン酸塩です。

まず、dl-メチルエフェドリン塩酸塩には気管支を拡張させる作用があると言いましたが、睡眠時の空咳の症状を抑える上では非常に大切な作用です。

実は夜寝ているときというのは、自律神経の働きによって、昼間起きているときに比べて気管支は収縮した状態となっており、これによって僅かな刺激にさえも気管支が反応して、空咳の症状が誘発されやすくなっているのです。つまり、この気管支の収縮を和らげることが出来れば、もし寝ているときにアレルギーやその他の原因によって気管支が刺激を受けても、空咳は起きにくくなります。

そして、アネトン咳止めZ錠はアレルギー対策にも抜け目はありません。アネトン咳止めZ錠に含まれているクロルフェニラミンマレイン酸塩は、アレルギー反応が起きた際、肥満細胞というところから放出されるヒスタミンの働きを抑えることによって、アレルギーによる空咳の症状も鎮めることが出来るのです。なぜアレルギーによって空咳が出るのかというと、このヒスタミンには気管支を収縮させる作用があるからなんです。

つまりアネトン咳止めZ錠は、気管支を拡張させて息苦しさを解消し、またアレルギー反応が起きても気管支が収縮するのを防ぐ、という非常に優れたお薬なのです。また、その他痰が原因によっておこる咳にも適していますから、とりあえず咳の症状が気になるようでしたらこれを試してみると良いのではと思います。

まとめ

今回の記事では、空咳の原因となるダニの対策に関する情報や、こういったアレルギー性の空咳の症状を含む、様々な咳の症状に有効に働くアネトン咳止めZ錠などに関する情報をまとめました。

アネトン咳止めZ錠は様々な咳の症状に対応していますから、もし何らかの咳の症状に悩んでいる方が居ましたら、試しに一度使ってみてはいかがかと思います。風邪などによる急な咳にも対応できるように家においておくのも良いかもしれませんね。

今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です