空咳や痰が絡む咳が止まらない時の対処の仕方とは?長引く咳の原因や咳に効く薬についてご紹介します…

なかなか長引く咳が止まらない時、その症状に効く薬などを使ってしっかりと対処をすることが非常に大切です。もし、そのなかなか止まらない長引く咳の原因が風邪などによる感染症である場合、その咳は痰と一緒にウイルスを出すための重要な役割もはたしていますが、あまりにもつらい咳の症状が止まらない場合は肋骨などを痛めてしまう可能性もあります。特に、高齢者の方はそういった咳によって肋骨を骨折してしまうケースもありますので、しっかりとした対処をするよう注意が必要です。

また、なかなか止まらない咳が痰が絡むような咳ではなく、空咳(乾いた咳)である場合、その原因としては、気管支喘息間質性肺炎などの病気も考えられます。空咳が止まらない場合は、このように重症化が懸念されるような病気が原因である可能性もありますので、早めの対処が重要です。

スポンサードリンク



咳が止まらないとき、まずは医師に相談をして対処するのが大切ですが、今では市販の薬にも優れたものは数多くあります。市販の薬と病院で処方される薬では、病院で処方される薬の方がより効くのではないかと思われる方が多いと思いますが、これらの薬は一概にどちらが良いとは言えません。市販の薬と病院で処方される薬の違いは、その副作用まで考えた様々な成分を含めているのかどうかであるといわれています。例えば、ある咳止めの成分があり、その副作用が胃を痛めるというものであった場合、市販の薬では咳止めの成分に加えて胃を保護する成分も一緒に含まれているのに対し、処方薬の方では咳止めの薬と胃を保護する薬が別々に出されるのです。

風邪をひいてしまったとき、薬などによって無理に症状を落ち着かせようとするのは基本的にはよくありませんが、あまりにも咳が止まらない時や、非常に高熱の症状が表れてしまったときは、それらによって引き起こされる二次的な被害を防ぐために薬によって症状を緩和するよう対処することは大切なことです。今回の記事では、痰が絡む咳や空咳が止まらない時に、その原因として考えられるものや、その症状に対してどのように対処をしたら良いのかまとめていきたいと思います。

空咳や痰が絡む咳の原因とは?長引く咳は危険な病気のサインかもしれません。

d3d714dd1b853722df4248c8cb664cd9_s

まず、痰が絡む咳や空咳が止まらない場合に考えられる原因にはどのようなものがあるのかということや、それらの症状が表れてしまったときにどのように対処をしたら良いのかもまとめていきたいと思います。

なかなか咳や空咳が止まらない場合の原因には次のようなものが考えられます。

風邪

まず、咳や熱の症状が止まらない時に考えられる原因として一番多いのは風邪ですね。風邪は非常に一般的な病気ですが、実は風邪はその諸症状を緩和する薬はあっても、風邪自体を治す薬はないということをご存知でしょうか?

まず、風邪に限らず、感染症というものはその原因が細菌ウイルスという2つのものに大別されます。

このうち、細菌というものは、1つの細胞を持つ単細胞生物であり、単体でエネルギーを作り出すことが出来る存在なので、人に感染しなくても増殖を行うことが出来ます。

一方ウイルスというものは、細菌に比べて非常に小さく、タンパク質の外殻の内部に遺伝子を持っているだけの存在で細胞を持たっていません。そして、自分ではエネルギーも作り出すことが出来ず、人間などの細胞に寄生することによって初めて増殖を行うことが出来ます。ちなみに、一般的な風邪という病気は、このウイルスの感染によって引き起こされるものを言います。

そして、よく感染症の治療に用いられる抗生剤、抗生物質と呼ばれる薬は、細胞を持っている細菌に対して効果を発揮する薬であり、ウイルスには効果がありません。そのため、細菌による感染症、例を挙げますと、肺炎球菌による肺炎や結核菌による結核は抗生物質による治療で症状を治療していくことはできますが、ウイルス感染による風邪はそれを治す薬というものはないのです。

そのため、風邪をひいてしまったときはその人の免疫をいかに高めることが出来るかが重要になります。そのため、風邪をひいてしまったときの対処の仕方としては、栄養をしっかりと取り、十分な休養をとることが大切です。もし、なかなか咳や熱の症状が治まらない場合は、しっかりとした対処ができていないか、何か別の病気を発症している可能性があります。

咳が止まらない場合に考えられる風邪以外の病気には次のようなものも考えられます。

肺結核

先ほど例に出した結核ですが、その原因である結核菌が肺に感染したものを、肺結核と呼びます。肺結核は発症するとなかなかその咳が止まらない病気として知られています。

この肺結核は、以前は発症すると命を落とす可能性の高い難病でしたが、現在は抗生剤を使用することにより治療ができる病気となりました。しかし、抗生剤による十分な対処をしても、その治療が完了するまでには半年近い期間を要する場合もあるといわれています。そして、発症から2か月は入院が必要になることもあるそうです。これは、肺結核を発症すると、抗生剤による対処を行っても、2か月は咳による排菌が行われてしまうからであるといわれています。

肺結核の治療においては、いくつかの抗生剤を組み合わせた対処が一般的であるといわれています。肺結核に関する詳しい情報は以下の記事でまとめていますので、よろしかったらご覧になってみてください。

肺結核の詳細について知りたい方はこちらの記事をご覧ください…

間質性肺炎

なかなか咳が止まらないとき、そしてその咳が痰の絡まない空咳である場合、その方は間質性肺炎と呼ばれる症状を患っている可能性があります。

まず、肺炎という病気は、何らかの原因によって肺の内部で炎症が起きてしまう病気のことを言うのですが、肺炎球菌などによる多くの肺炎では、気管や肺胞の一部で炎症が生じるといわれています。しかし、この肺胞と肺胞の間の組織で炎症が生じてしまった場合、これを間質性肺炎と呼びます。間質性肺炎は、一般的なものに比べて発見しづらく、特徴的な症状として空咳の症状が表れるといわれています。

そして、この間質性肺炎が起こりやすい肺炎として知られているのが、マイコプラズマと呼ばれる原因菌によるマイコプラズマ肺炎です。このマイコプラズマ肺炎は子供に多い肺炎としても知られているもので、発症してしまった場合、38度くらいの熱の症状が急に表れ、それに次いで空咳の症状が表れるといわれています。子供は大人に比べて体力が少ないですので、発症してしまった場合は早めの対処が大切です。

そして、このマイコプラズマは、少し特殊な性質を持つ菌であるため、その対処においてはマクロライド系の抗生物質が選択的に用いられると言われています。このマイコプラズマ肺炎に関する情報は以下の記事でまとめていますので、よろしかったらご覧になってみてください。

マイコプラズマ肺炎の詳細を知りたい方はこちらの記事をご覧ください…

気管支喘息

もし、熱はないのに空咳が止まらないという場合、その方は気管支喘息を発症している可能性があります。

気管支喘息は発作が起こる病気、という認識の方もいるかもしれませんが、正しくは気管支に慢性的に炎症が生じてしまう病気です。この気管支の炎症によって気道が過敏になり、様々な刺激によって空咳が出たり、人によっては発作の症状が表れてしまうことがあります。

普通炎症というものはウイルスが感染した時に表れる免疫反応ですが、気管支喘息の患者は特にウイルスの感染が起きていなくても慢性的に気管支が炎症を起こしてしまうようになるのです。そのため、これは免疫システムの誤作動で起こる病気ともいえます。

気管支喘息によるこの気管支の炎症は自然に治るものではなく、もし発症してしまった場合は、抗炎症作用のある吸入ステロイドを継続的に使用して対処をしていく必要があります。もし、なかなか止まらない原因のわからない空咳が続いている場合は、一度呼吸器内科の医師に相談をしてみましょう。

気管支喘息の詳しい情報は以下の記事でまとめています。

気管支喘息の詳細について知りたい方はこちらの記事をご覧ください…

スポンサードリンク



空咳や痰が絡む咳が止まらない時の対処の仕方とは?

もし、風邪などをひいてしまい、空咳や痰が絡むような咳が出てしまってつらいという場合、その症状を改善させるために、自分でどのような対処ができるかお伝えしていきたいと思います。咳が止まらないときの対処の仕方として、次のようなものが挙げられます。

①こまめに水分をとる。夜間の咳がひどい時は加湿器を使う

風邪などをひいて咳が止まらないときというのは、熱も出ていることが多いですので、水分をしっかりととらないと汗によってどんどん水分は失われていきます。

すると体の水分が足りなくなり、気道の粘膜が乾いて喉が敏感な状態になってしまい、咳が出やすくなります。そのためもし咳がひどい時は、その対処としてこまめに水分を取って常に喉を潤すようにしましょう。この際、喉に刺激を与えないように暖かい飲み物を飲むようにしてください。

また、特にこの喉が乾きやすいのは寝ている時ですので、咳がひどい場合はできるだけ加湿器などを使って部屋を加湿するようにしてください。

②咳の改善に効く栄養素を含んだ食べ物を摂る

なかなか咳が止まらない時、気管支では炎症が生じて過敏になっている可能性が高いので、その対処として、抗炎症気道粘膜の保護に働く栄養素を含んだ食べ物を食事の中に取り入れることも大切です。

咳の症状に効く食べ物としては、らっきょうオクラやヤマイモなどの粘り気のあるものレンコンレバーハチミツ生姜などが挙げられます。なぜこれらの食べ物が咳に効くのか、詳しいことは以下の記事でまとめています。

あなたは知ってる?空咳や痰が絡む咳に効く食べ物6選!

③咳にきくツボを押す

現代においても、鍼灸師や整体師などツボを刺激することによって体調を整えることを専門の生業にしている方はたくさんいますが、2006年にはWHO(世界保健機関)によってツボの位置に関する基準が定められており、その効果は世界的に認められるようになりました。そして、数あるツボの中には、咳の改善に効くツボもあるといわれています。

咳の改善に効くツボに関する情報は以下の記事でまとめています。是非、咳が止まらない時に試してみてください。

咳の改善に効くツボに関する情報を知りたい方はこちらの記事をご覧ください…

④咳の改善に効く薬を飲む

咳が止まらない時、その対処の仕方として一番有効であると考えられるのが、薬を飲むことです。現在は市販薬の薬の中にも、咳の改善に高い効果を発揮すると思われるものはいくつもあります。

以下の記事では、その中でも特にお勧めの薬をご紹介しています。是非空咳や痰が絡む咳が止まらない時は試してみてください。

咳の改善に効く薬に関する情報はこちら…

まとめ

今回の記事では、なかなか咳が止まらない時に考えられる原因や、咳の対処の仕方に関する情報などについてまとめました。

今回はいくつかの対処の仕方についてお伝えしましたが、もしなかなか咳が止まらない時は是非今回ご紹介したような対処の仕方を試してみてください。

また、風邪だと思っていた症状が治らず、咳が止まらない時は早めに医師に相談するようにしましょう。気管支喘息はそのままにしておくと発作を起こしてしまう可能性もありますので、もしなかなか空咳が止まらない時は気をつけてください。

今回の記事は以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク



関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です